理科

ヨーロッパと日本の研究者が安価なグリーンメタノールを探しています。

10のヨーロッパと日本の組織が、メタノールを生成するために二酸化炭素(CO2)を水素化するのに必要なエネルギーとコストを削減することを目指して、1年間Laurelinプロジェクトに参加しました。

グリーンメタノールを製造する現在の技術は、大量の電気を使用して二酸化炭素と水素をメタノールと水に変換し、触媒を使用してプロセスを高速化します。 水素化プロセスに電力を供給するために再生エネルギーを使用することによって炭素強度が大幅に減少し、製品は緑色メタノールとして知られている。 グリーンメタノールは、海洋産業の将来の燃料のリーダー技術の一つです。

Laurelinチームは、反応に必要なエネルギーを削減し、生産コストを削減する新しい触媒の開発に焦点を当てています。

メタノール製造のための3つの技術がそれぞれについて建設中の反応器として追求されています:マイクロ波、磁気誘導、比熱プラズマ誘導。

100を超える新しい触媒材料が反応器でテストされ、現在の標準的な熱プロセスと比較されています。

「e-メタノールの生産コストを削減すると、燃料として使用する機会が増えます。 これは、GHG排出量とコスト削減により社会に直接利益をもたらし、より多くの雇用と富を生み出します。

欧州連合と日本科学技術庁は、ベルギー、ドイツ、日本、オランダ、スペイン、イギリスの大学、研究機関、中小企業が参加し、48ヶ月のプロジェクトに資金を提供しています。

READ  私たちの社会的相互作用は若い年齢で始まります

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close