ヨーロッパのジュースミッションは木星とその月に発射されます。

Estimated read time 1 min read

太陽系の王木星は、新しいロボットの訪問者を迎えます。

Jupiter Icy Moons ExplorerまたはJuiceは、金曜日の朝、南米北東部の海岸のフランス領ギアナ・クルにあるギアナ宇宙センターで発射されました。 木曜日に予定された当初の発射は、発射地点付近で雷が感知されて延期された。

金曜日に天気が良くなり、宇宙船はAriane 5ロケットに乗って完全に離陸しました。 30分後、ジュースはロケットの2段から分離され、長い旅を始めました。

太陽の周りを空転させる最大の惑星である木星はそれ自体魅力的ですが、木星の巨大な衛星は究極の賞です。 それらのいくつかは、表面の下に生命を抱く海を隠すことができる氷の塊です。 欧州宇宙局(ESA)のジュースは、木星の3つの衛星であるカリスト、ユーロ、ガニメデを綿密に研究することを目指しています。

ESAのディレクターであるJosef Aschbacher氏は、「これは私たちが太陽系で飛んだことの中で最も興味深いミッションの1つであり、これまでで最も複雑なものです」と述べました。

重量が6トンに達するヨーロッパの宇宙船は、月を研究し、イメージをキャプチャするために10の先進科学機器を搭載しています。 木星はミッションの主な目的ではありません。 代わりに、太陽系で最大の衛星であるガニメデと他の2つの衛星であるユーロとカリストを探索することを目指しています。

しかし、木星に到達するには、2031年7月に宇宙船が木星の軌道に入るために必要なプッシュを提供するために、金星、火星、および地球を通る一連のスイングまたは重力サポートを通じてJuiceが8年以上かかります。

Juiceが最終的に木星に到着すると、データ収集中に巨大な惑星の危険な放射線ベルトの外側に滞在し、循環軌道に沿って3つの衛星を通過して繰り返し飛びます。 宇宙船が月面の下で、渓谷は海の存在と大きさを確認するために磁気信号や他の証拠を見つけるために宇宙船が合計35回の近接飛行を計画しています。 また、表面下の海の影響を受ける可能性のある木星の重力によって、月の外側がどのように動くかを追跡します。

人生を見つけるのに最も有望な月はヨーロッパです。 天文学者たちは海が岩の底と直接接触しており、熱水噴出口が上に飛び出して生命に食糧とエネルギーを提供できると考えています。 Juiceはヨーロッパで2回の飛行を行います。

宇宙船はまた、塩辛い海を所有しているかもしれませんが、生命を維持する能力が少ないと思われるカリストの21回の低空飛行を行います。

しかし、ジュースミッションの主な目標は、あまりにも大きく、水星よりも大きな衛星であるガニメデを研究することです。 木星系の周りの宇宙船のルートは、宇宙船が2034年12月にガニメデの周りの軌道に捕獲されるようにする必要があります。 これは、外の太陽系で月の軌道を回る最初の宇宙船です。 表面上の約3,100マイルから始まり、宇宙船の高度は2035年に300マイル以上に徐々に低くなり、燃料が許す限り低くなります。

ESAのJuiceプロジェクトマネージャーであるGiuseppe Sarriは、「十分な推進剤があれば、つまり木星まで多くの問題なしによく旅行できることを意味します」と述べました。

軌道を回るガニメデは、科学者たちが月の特性を複雑に理解することを可能にします。 それは太陽系で独自の磁場を持つことが知られている唯一の月であり、おそらく私たちの惑星のような液体鉄のコアから出るでしょう。 「もしあなたがガニメデの表面に立っていてコンパス針があれば、地球のように北極を指すでしょう」とDoughty博士は言いました。 「私たちはその理由を知りたい」

ジュースは海の大きさと範囲を含むガニメデの内部構造を識別できるはずです。 それは生命と生計を提供できる内部で循環するミネラルのために海の塩分含有量を測定できるはずです。 Dougherty博士は「私たちは塩がどこから来たのかを理解しようとしています」と述べた。

ガニメデの海はヨーロッパの海と大きく異なりますが、まだ居住可能です。

「居住の可能性のためには、液体の水、熱源、有機物質が必要です」とDougherty博士は言います。 「これらの3つを確認または拒否したら、私たちは私たちがやると言ったことをしたのです」

任務は2035年後半にガニメデの表面に不時着しながら終了する予定です。

READ  中国の月プログラム:3つの衛星が月の軌道に入りましたが、失敗した2つの運命は不明です。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours