理科

ヨーロッパ – 日本の宇宙探査機、水性写真キャプチャ

水性についてもっと知りたい欧州 – 日本の宇宙探査船は先週の金曜日、欧州の船が2,400km以上離れたところで、水性の写真を撮影したときに水性の最初の外観を捉えました。

“こんにちは、マーキュリー!水性の北半球の一部については、この壮大な景色は @ESA_MTM 約10分後 #マーキュリーフライバイ ベピコロンボ合同任務は土曜日秒ツイートを介して2420kmの距離で近接接近した。 このツイートには、写真を撮影した欧州宇宙機関の水性惑星の軌道線が言及された。

写真は約UTC午後11時44分(または東部標準時午後7時44分)に撮影された。 わずか10分前まで船は惑星から200km未満離れていない距離にあった。 欧州宇宙機関 有名な それ惑星での最初の重力補助起動だったことを。

ESAのMercury Planetary OrbiterとJapan Aerospace Exploration AgencyのMercury Magnetospheric Orbiterを含むこの任務は水性の進化と起源を研究するために2018年10月に打ち上げされ惑星の磁場、宇宙空間とコア – 表面処理を調査することです。

ミッションも追求する 水性の水があるのか​​、なぜ磁場があるのか​​、惑星が生きているかどうか死んだのか調べるために。

ESAによると、全体の作業には7年かかると予想され、地球の飛行を含めて金星で2個、水性で6個を含みます。

科学者たちは、船が2025年12月5日に水星到着すると予想します。

この任務の名前はイタリアの数学者、エンジニアであるGiuseppe「Bepi」Colomboの名前にちなんで名付けており、彼の計算は、水性の周囲の前軌道にインスピレーションを与えることができました。

READ  日本の製薬会社シオノギ、コロナ19ワクチンの供給量6万個の二重

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close