技術

ヨーロッパ – 日本の宇宙探査機が水性を初めてのぞく

2025年に2つのプローブを軌道にのせる任務を遂行中に、ヨーロッパ – 日本の共同船が太陽系の最も内側の惑星によって旋回しながら水性を初めて垣間見ることができました。

BERLIN – 2025年に2つのプローブを軌道にのせる任務を遂行中に、ヨーロッパ – 日本の共同船が太陽系の最も内側の惑星によって旋回しながら水性を初めて垣間見ることができました。

BepiColomboミッションは、金曜日の午後11時34分(東部標準時午後7時34分)に水性の重力を使用して宇宙船の速度を遅らせる6つの水性フライ・バイ・の最初の飛行を行いました。

200km(125マイル)未満の高度で水性を急襲した後、船は監視カメラのいずれか低解像度の白黒写真を撮影した後、再飛行しました。

欧州宇宙機関(European Space Agency)は、キャプチャされた画像が、北半球と水性の特徴的な発疹の形の特徴を示し、その中で幅166km(幅103マイル)Lermontovクレーターを示していると言いました。

BepiColomboがESAのMercury Planetary OrbiterとJAXAのMercury Magnetospheric Orbiterを放出するために十分に減速される前に5回の追加フライ・バイ・が必要です。 二つのプローブは、水性の核表面の過程と、磁場を研究することです。

この任務の名前は1974年、NASAのメアリーあなたの10号水性飛行するとき最初に使用重力補助起動開発を助けたイタリアの科学者Giuseppe「Bepi」Colomboの名前にちなんで命名された。

READ  ロバートワインバーグ、2021年の日本賞受賞| MITニュース

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close