経済

ライブニュース:British GasオーナーCentricaの利益が予想範囲の上部に来る

月曜日のグローバル株式は、2020年のコロナ19ファンデミック初期以来、最悪の一日の下落を経験した。 投資家たちが中央銀行が危機時代の景気浮揚策を抑制している時期に世界大国の景気低迷の兆しを心配しているからだ。

FTSE全世界のグローバル株式指標は3%下落し、2020年6月以降最大の幅に落ち、2020年12月以降最低値を記録した。

大きなグローバル経済の成長が鈍化する可能性があるという兆候は、金利引き上げの懸念を高めました。 月曜日に発表されたデータによると、中国の輸出増加率は先月2年ぶりに最低水準に落ちた。

ウォールストリートのブルーチップS&P 500指数は3.2%、技術中心のナスダック総合指数は4.3%下落しました。 欧州地域Stoxx 600指数は2.9%、中国CSI 300指数は0.8%、東京Topix指数は2%下落しました。

国際原油ベンチマークのブレント油は、約6%下落したバレルあたり105.94ドルで、需要の弱化に対する懸念を反映しています。

天然ガスの贈り物は原油よりもはるかに急激に下落し、Henry Hubの前月契約は米国の午後に12%以上下落し、100万英国の熱単位あたり7ドルをわずかに超えました。

米国国債は月曜日初めに売り圧力を受け、10年満期の米国債利回りを3.2%以上に引き上げました。 価格が下がると収益率が上がります。 しかし、その日後半に負債が急増し、収益率は約3.03%に下落し、当日0.1%p下落しました。

今日の市場の動きの詳細については、ここを参照してください。

READ  一時ワクチン接種が遅れたのアジアが接種を有効にする方法

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close