ライブニュース:FCAはイギリスとの取引に使用される一時ライセンスを取り締まります。

Estimated read time 1 min read

英国の労働力不足は2021年末にさらに悪化し、空席が記録的に増加したが、インフレが給与増加率を上回り、平均所得が低下し始めた。

火曜日に発表された公式データによると、失業率は11月まで3ヶ月間4.1%に低下し、これはファンデミック以前のレベルより0.1%ポイント高い数値です。

雇用率は75.5%に増加したが、経済危機以前より1.1%ポイント低い水準を維持している。 統計庁によると、労働力から離脱した高齢労働者の不活動性増加による。

雇用主が求人に苦労し、12月までの3ヶ月間、空席数は1,247,000件の記録に増加しました。 これは、経済における従業員100人のうち4人に相当し、健康および社会管理の分野でのみ25万の雇用が満たされていないようです。

オミクロンの発症初期には雇用に打撃を与える兆候がほとんどなく、12月のリアルタイムデータによると給与職員数が184,000人増加しました。

しかし、雇用研究研究所(Institute for Employment Studies)のトニー・ウィルソン所長は、この数値が「残念だ」と述べた。

従業員の不足により、一部の部門で賃金の引き上げが速くなったが、ONSは平均所得が実質ベースで下落しており、インフレが賃金の引き上げを上回っていると述べた。

ボーナスを除く週間の平均収入増加率の見出しの測定値は、11月までの3ヶ月間で3.8%で、同じ期間の実質収入はそのままで、11月にのみ1%減少しました。

READ  米株価の下落、ダウ410ドル安コロナ経済対策めぐる不確実性に| ロイター
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours