Economy

ラガルド総裁、ECBは、ユーロ市場を注視 – ギョンギェガムガ表示されない – Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は10日、ユーロの為替レートは物価への影響を勘案して、監視する必要があると述べたが、切迫した政策調整の必要性は、提案した。

ECBはパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模を1兆3500億ユーロ(約170兆ウォン)に維持し、中央銀行の預金金利をマイナス0.5%と凍結することを決めた。

ラガルド総裁は、政策決定後の記者会見で、ECBは「中期的なインフレ見通しへの影響という点で、為替レートの動向を含めて、受信情報を慎重に確認する」と述べた。

ブルームバーグニュースは、ガバナーの発言の直前に政策委は対ユーロで過去ユーロ上昇時よりも弱い論調を採用することで合意したと報じた。

ECB政策委、ユーロ高に敏感に反応する必要ないと合意 – 関係者

ユーロは上昇してフランクフルト時間午後3時25分は、0.8%高の1ユーロ= 1.1901ドル。 先週一時1.20ドルを超え、2年ぶりの最高値を記録した。

ユーロはドルに対して3月以降10%余り上昇し、輸入価格をクリックして、物価下落圧力をかけている。 8月にユーロ圏インフレ率は4年ぶりにマイナスを記録した。

総裁は「もちろん、ユーロ高が物価に下落圧力がされている範囲内で、そのような問題を注意深く監視する必要がある。この点については大々的に議論された」と語った。 一方、ECBは、特定の為替レート水準を目標にすることができないと重ねて強調した。

ECBは最近の経済予測を公表。 今年の成長率見通しはマイナス8%と6月時点の予想よりやや改善した。 2021年はプラス5%の成長が見込まれている。 インフレの回復速度が遅く、22年1.3%にECBが目標の2%未満を大きく下回る見通し

経済予測

ECBは2020年にGDP見通しを-8%に上げました。

出典:ECB

10日政策発表前の調査ではエコノミストはECBが12月の終わりまでにPEPPを3500億ユーロを大きく6ヶ月延長されるものと予想した。 現在は、21年6月末まで継続されるようになっている。 総裁は、現在のPEPP購入工事1兆3500億ユーロの全額を使い切る公算が「非常に大きい」と述べた。 同時に拡大は議論されなかったと述べた。

いくつかの他のアクションを出すには政策委員会の意見調整が必要ですが、ラガルド総裁はこの日、インフレが目標に確実にアクセスするように、すべての政策手段を調整しようと政策上の再度言明した。

「回復は引き続き新型コロナウイルス流行の展開とその封じ込めの成功するかどうかに大きく左右され、まだ大きな不確実性がある」と述べた。

原題:LagardeはECBが警報信号なしユーロを注視していると明らかにした。(抜粋)

READ  阿部辞任、アベノミクスの2つの大罪| 小幡実績| コラム

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close