スポーツ

ラグビー – ジャパン、次期女子ワールドカップでアジア本選進出

日本は旅行と検疫問題で、通常の予選手続きが中断された後、来年ニュージーランドの女子ワールドカップでアジア1位を確保受けWorld Rugbyが発表しました。 サクラテンはコロナ19で1年延期された12個のチームトーナメントB組でカナダ、米国、イタリアと一緒に10月にオークランドエデンパークでのトリプルヘッダーで開幕する。 2022年8月8日。

アジアの単独保証バースは、日本 – 香港 – カザフスタンの3戦で決定される予定だったが、世界的な保健危機に複数回延期された後、キャンセルされた。 香港とカザフスタンは現在、ワールドカップの決勝戦で大陸横断敗戦トーナメントに進出するチームを決定するためにプレーオフで対戦します。

World Rugbyは声明で「チームに重要な確実性を提供する決定は、すべての労働組合の支持を受けており、チームが来年ニュージーランドで開催される最高の大会を控えて、高性能プログラムを計画して最適化することができるようにします」と言いました。

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  レイカーズの勝利の理由を探るロケット誇るマイクロボールに成功したフランクフォーゲルの「緻密な計算」 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close