スポーツ

ラグビー| 日本のラグビーの将来:プロ時代の新しいリーグ

~~

COVID-19の期間中、東京:緑地スペース、在宅勤務の負傷で新しいライフスタイルの機会を提供

パナソニックワイルドナイツは5月23日日曜日、東京のプリンス秩父記念ラグビーグラウンドでサントリー順ゴリアテを31-26で勝ち、日本ラグビートップリーグの最後のチャンピオンになった。

2003年に始まったTop Leagueが今幕を下ろしています。 他の型の新しいリーグが2022年1月にこれを置き換えます。

なぜ日本のラグビーが変わりますか?

専門家とアマチュアのステラミックス

今年Wild KnightsはCOVID-19大流行中に発生したシーズンの5番目のトップリーグのタイトルを獲得しました。

総4,668人の観客が1回の試行の差でWild Knightsが勝利をおさめること守ってきました。 Sungoliath No. 10は試合後、ファンに素晴らしい経験と言いました。 彼はサポーターに感謝して、いつか日本に戻ってきてたいと述べた。

Sungoliath No. 10はもちろん、世界のラグビー今年の選手賞を2回受賞した、ニュージーランドのボーデン・バレットです。 世界最高のスタンドオフとされるバレットは、昨シーズンの崇スパイダーアースで走って過ごしました。

優れた実力で、日本選手とファンを魅了させた崇スパイダーアートでの活躍は、1シーズンだけだった。

5月23日に、他の注目すべき選手がゲームに参加しました。 イングランドで45個のキャップが付いているロックGeorge Kruisとウェールズで29個のキャップが付いているセンターHadleigh Parkesは両方Panasonic Wild Knightsで走っています。

また、準決勝でパナソニックワイルドナイツに敗れたトヨタヴェルブリッツでは、ニュージーランドのベテランキーラン・リードとオーストラリアの主張マイケル・フーパーが今回のシーズンに走った。 これはファンに素晴らしい組み合わせであることを証明しました。

上記のラグビー伝説は、プロ選手とアマチュア選手で構成され、日本のトップリーグで一流の公演を披露しました。

2019 RWCを越えて

最近、世界レベルの選手たちが登場し、Top Leagueはかなり競争が激しくなり、支持者やメディアから大きな注目を集めました。 もう少し振り返ってみると、2019年ラグビーワールドカップ期間中に、日本の8強進出は間違いなくリーグの質的向上に力負った。

しかし、日本のラグビー連合(JRFU)はトップリーグを中断して、他の形式で新しいリーグを構成することを決めました。

一つの重要な理由は、プロリーグを作ろうとする熱望している。 2019年ラグビーワールドカップに進出した多くの国では、プロリーグがありますが、日本ではそうではない。 ほとんどの日本の選手たちは仕事をしながら、会社のクラブチームでプレーしています。

より専門的な配置を目指すJRFUは2019年のワールドカップを上回ることができる代表を構築することを目指し、日本の全体的なレベルをさらに向上させたいと思います。

また、新たなリーグに参入するには、チームがジュニアアカデミーを保持している地域コミュニティプロジェクトに参加する必要があります。 ビジョンは、日本でラグビーの人気を高めて下から上に競争力のあるラグビーを導入することです。

挑戦解剖

しかし、収益性とゲームのホスティング権限など、いくつかの不明確な問題があります。 また、コカ・コーラのような特定の会社はJRFUが新しいリーグに移動すると、離れています。

新しいリーグは3つのディビジョンで構成されます。 部門は能力やその他の基準に基づいて決定されます。 上位ディビジョンは12チームで構成されます。

具体的な詳細は、明確ではないが、他の国のチームと国境を行き来するゲームを組織する計画もあります。 しかし、そのような試合が新しいリーグに加え、組織されることがある場合は、これは2023年にフランスで開催される次のワールドカップで日本代表の機会を向上させることができます。

しかし、その前に即時の焦点は、来年1月に新しいリーグの開始になります。

関連:

著者:ラグビージャーナリスト吉田宏

吉田宏のラグビーの他のレポートの検索 このリンクで

READ  レッドブルF1ホンダと今後のスーパーフォーミュラに参加にも影響[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close