ランドマークであるEU-日本データ取引批准に一歩近づきました。

Estimated read time 1 min read

理事会が承認すれば、EU​​は日本との経済同伴者協定改正案に署名した後、これを欧州議会に通過させて同意を受ける予定だ。

今回の取引は、私たちの社会と経済のデジタル化を発展させようとする私たちの共同努力のマイルストーンであり、国境を越えるデータフローはこの発展を可能にする重要な要素です。 批准されると、合意された条項はEU-日本経済パートナーシップ協定(EPA)に含まれます。

これらの条項は、デジタル保護主義とデータフローに対する任意の不当な制限に反対する強力なメッセージを送信するデジタル貿易に対する一般的なアプローチの基盤を提供します。 また、これはEUデジタルアジェンダおよびEUプライバシー規則と一致し、EUのインド太平洋戦略のデジタル貿易アジェンダを提供します。 韓国、シンガポールなどとも同様の交渉が進んでいる。

次のステップ

今、協定は取締役会の承認を得た後、欧州議会の同意を得なければなりません。 そうなると、契約が発効する可能性があります。

背景

2022年10月、EUと日本は、国境を越えたデータフローに関する規則をEPAに含めるための交渉を開始することにしました。

今回の契約は、金融サービス、輸送、機械、電子商取引など、ほとんどの部門で活動する企業に実質的な恩恵を提供します。 これにより、面倒な管理や保管要件なしにデータを効率的に処理し、繁栄するための予測可能な法的環境を提供できます。

今回の取引の重要な要素は、ヨーロッパや日本企業に不要な負担となる費用のかかるデータローカライゼーション要件を排除することです。 これは、企業がデータをローカルに物理的に保存する必要がないことを保証するため、重要です。 これは、企業が複数の場所にデータストレージ施設を構築、維持、使用するデータを複製する必要があるため、追加のコストと複雑さを伴うだけでなく、競争力に悪影響を及ぼすだけでなく、データのセキュリティを弱める可能性もあります。

EUでは、データ経済が急速に成長しています。 EU-27データ経済の価値は2019年に3,250億ユーロと推定され、これは国内総生産(GDP)の2.6%に相当します。 2025年にはほぼ3倍に増加し、約8,300億ユーロに達すると予想され、これはEU全体のGDPの5.8%を占めています。 日本では、データ経済は2019年のGDPの1.2%を占めると推定されています。

詳しくは

EU – 日本経済パートナーシップ協定

国境間のデータフローに関するEU‐日本結論

EUとデジタル貿易の詳細

READ  請願の要約:中国と日本のアルミニウム平板印刷版 - 反ダンピングと相殺関税の請求ハッシュブラックウェルLLP
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours