経済

ランボルギーニ、レーシングモデルで生まれた640HP / 565Nmのスーパースポーツカー「ウラカンSTO」日本初公開 – Car Watch

「ウラカンSTO」日本初公開

アウトモ不正ランボルギーニジャパンは11月20日、新型スーパースポーツカー「ウラカンSTO(スーパートロフェオ・おもろかた)」を日本初公開した。 日本での販売価格は3750万ウォン。

ウラカンSTOは11月18日(現地時間)に発表されたばかりのモデル。 レーシングモデル「ウラカンスーパートロフェオEVO」「GT3 EVO」で生まれたマスクアドラ・鼻シルの伝統を最も純粋に継承しているという。

ウラカンSTO

ボディサイズは4549×1945×1220mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2620mm

タイヤはフロント245 / 30R20、後305 / 30R20サイズのブリヂストン「POTENZA」を装着。ブレーキはCCR-Rカーボンセラミックディスク、痛風/クロスドリルも(フロントΦ390×34mm、リアΦ360×28mm)と前面6ピストンアルミニウムキャリパー、リア4ピストンアルミキャリパーの組み合わせ

エンジンフード

エアインテークをあちこちに配置さ

フロントフード、バンパー、フェンダーを一体化させた特徴的な “Cofango(鼻ファンゴ)」は、「三浦」の象徴的なデザインを踏襲。フロントトランクはヘルメットを収納することができる

インテリアにも軽量化が進められている

ペダル

ドアトリム

シート

リアアチウンアクラポビッチと共同開発した高級チタン合金。ステンレスに比べて40%軽量化された

ボディサイズは4549×1945×1220mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2620mm。 最高出力470kW(640HP)/ 8000rpm、最大トルク565Nm / 6500rpmを発生する自然吸気のV型10気筒5.2リッターエンジンを搭載して変速機は、デュアルクラッチ7速LDF(ランボルギーニドッグピアフリッツ次オーネ)を組み合わせ、後輪駆動。 最高速度は310km / h、0-100km / h加速は3.0秒、0-200km / h加速9.0秒の性能を誇る。

V型10気筒5.2リッターエンジンは、最高出力470kW(640HP)/ 8000rpm、最大トルク565Nm / 6500rpmを発生。ウラカンスーパートロフェオEVOのようなパワーウエイト比を達成している

空気力学を向上させたミネラルウォーターのレースマシン

発表会では、9月1日に赴任したカントリーマネージャーのダビデスフレコラ氏のビデオメッセージが紹介されて、その中でスフレコラ氏はウラカンSTOの公開について「今日もウラカンファミリーのパフォーマンスレベルを引き上げられることです。これから発表する自動車のモットーは「BASED ON A TRUE STORY(実話を基にしている)」とのことです。ランボルギーニは、モータースポーツで私たちのマスクアドラ・コシル得技術の進歩は、その遺産をロードカーに活用したいました。その技術的進歩は、2018年には、2019年には、2020年と3年連続でデイトナ24時間耐久レースGT3カテゴリーで優勝した事実に基づいています。この車両性能の技術とノウハウが注ぎ込まれて、結果が今日発表した自動車です。豊富な炭素繊維を使用して非常に軽量で、自動車からの空気力学を大幅に向上させたミネラルウォーターのレースマシンが誕生しました」とレースの技術を活用した高性能車でコメント。

アウトモ不正ランボルギーニジャパン代表ダビデスフレコラ氏

また、「11月18日の世界の発表後、日本は新しい衝撃を目撃初めて市場です。これは、私たちがどのように日本を愛し、また、世界で最も重要な市場の一つ優先かどうかを逆行でもありますので、今、皆さんにも私たちと同じように、今日のこの車を非常に期待していると考えている」と日本市場への思いを語った。

続いて弟とも不正ランボルギーニジャパン営業ディレクター竹村昭夫氏がうらカーンSTOについて説明した。

アウトモ不正ランボルギーニジャパン営業ディレクター竹村明夫氏

ウラカンSTOの空力性能は、フロントルーバーによってドラッグ最適化がフロントスプリッターによってダウンフォースとドラッグの最適化がダクトとルーバーを搭載した「Cofango(鼻ファンゴ)」によってダウンフォースとクルリンガそれぞれ増加することができる。

また、鼻ファンゴは、フロントフード、バンパー、フェンダーを一体化した構成要素であり、「三浦」の象徴的なデザインを踏襲。 前方に熱独特のメカニズムを持って軽量化、空力性能を向上している。

前面の空気力学

モータースポーツでも活用されているCofango

リア周りはリアフードに空気スクープを搭載して冷却を向上させる。 中央フカヒレにより、要安定性を高め、翼に空気の流れを整える役割もコーナリング時のウィング効率を高めている。

特徴的なダブルリアウイングは、中央部分が可変式の3つのポジションを選択することができます。 サーキットの特性に合わせてドラッグを最適化するだけでなく、空気力学的バランスを最大13%変えることができ、様々な運転スタイルと走行条件に適応させることがした。

リアフェンダー部分は、航空機などにも見られるNACAダクトを配置した。 これらの空力項目に基づいて280km / h走行時のダウンフォースは420kgクーリング効率を極大化した。 また、「ウラカン、ペルーポールマンテガ」にドラッグを37%向上させ、ダウンフォースを53%増加している。

背面空気力学

ウラカンSTOに採用された空気力学による効果

体は徹底的に軽量化された外装パネルの75%以上を炭素繊維に航空宇宙産業で活用されている炭素繊維のサンドイッチ構造をリアフェンダーに採用。 これは構造的な剛性を維持しながら、炭素繊維の使用を25%削減した。 また、裏カーン、ペルーポールマンテガより20%軽いウインドスクリーンを採用し、インテリアとしても軽量化を可能にする一方、マグネシウムホイールを利用して、乾燥重量は1339kgと、すでに軽量化を行なっているウラカン、ペルーポールマンテガに43kgの軽量化を実現した。

軽量化について

運転モードを変更するには、「ANIMA」は「STO」「Trofeo」「Pioggia “3つの新しいモードを搭載。 距離のされているSTOは、基本モードで「LDVI(ランボルギーニディナミカ・ヴェルイコロ・一体型から)」をすべての路面コンディションを想定して最適化すると同時に、サスペンションのロード用に変更します。 Trofeoレースモードが乾燥状態のアスファルトで最高のラップタイムを出すことができるよう、すべてのシステムを最適化します。 「非」という意味のPioggia濡れ専用モードで牽引を聞か安全走行することが可能となる。

ブレーキシステムは、F1の技術を活用した新たなCCM-Rのブレーキシステムを採用。 カーボンセラミックブレーキに比べて4倍の熱伝導率のストレス耐性60%増加、最大制動力は25%減速性能は7%増加している。

運転モードについて

クーリングシステムについて。 フロントバンパー下部にブレーキ近くまで空気が流れるようになり、ブレーキの冷却に貢献します。背面上部のパワートレインを冷却する空気の流れが最適化された

F1技術を利用したCCM-Rのブレーキシステムを採用

ブレーキの温度監視システムを搭載して空気圧と温度などをすぐに知ることができるようになっている

そのほかにも小さな舵角曲げのようなステアリング比サーキットで安定した性能をブレーキ感、心地よいエンジン音と高回転時の透明度よりも直接的な応答ペダル感じ、RWS、小山キュヴェクタリング、電子ダンパー制御」マグネライド」などレーシーインストールを採用している。

数々のレース用のインストールを採用

レース用の設定を再現する技術

「Lamborghini Unica」アプリケーションを使用すると、スマートフォンでの運転を確認することができる

READ  Google進化した「Chromecast with Google TV」発表。7,600円 - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close