世界

リアルタイムアップデート:ロシアのウクライナ戦争

エマニュエル・マクロンフランス大統領が6月15日、ルーマニア・コンスタンツァ近くのミハイル・コガルニシアヌ空軍基地を訪問しながら、NATO軍に演説している。 (Yoan Valat/AFP/Getty Images)

エマニュエル・マクロンフランス大統領は17日(現地時間)、ウクライナとヨーロッパがウクライナ戦争をめぐってロシアと「交渉しなければならないのが現実」と話した。

彼はルーマニア東部にあるミハイル・コガルニチェアヌ空軍基地でフランス軍を訪問し、「ウクライナの軍事的勝利や戦闘が止まったため、ある時点で対話をすることが望ましい」と話した。

私たちのヨーロッパ人は交渉テーブルを囲み、何かが起こるだろう」と付け加えた。

ルーマニアとモルドバを2日間訪れたフランスの指導者は、ウクライナに対するヨーロッパの支援にもかかわらず、フランスはロシアと戦争をしていないと強調しました。

彼は「私たち全員が苦境に遭った困難は、私たちが糾弾しながらも制裁を加えながらも彼らの戦いでウクライナを支持するがロシアと戦争中ではないという点」と話した。

マクロン大統領はまた、現在、フランス軍がNATOの東側に配置されていると述べたが、詳細は明らかにしていない。

フランス軍によると、フランスはポーランドとエストニアに約300人の兵力とともにNATO指揮の下、ルーマニアに約500人の兵力と戦闘機および偵察機を配置した。

READ  ブラジル委員会、ボウソナルに対する刑事起訴勧告に賛成票決

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close