経済

リアルタイムニュースアップデート:ドイツおよびフランス企業の活動の急減

企業経営陣を対象としたベンチマーク調査によると、ドイツとフランスの8月の企業活動が需要減少と物価上昇に萎縮し、ユーロ圏が景気低迷に入るという懸念が高まった。

火曜日、S&P GlobalのFlash総合購買マネージャー指数は2年以上ドイツの企業活動で最大の反転を見せ、フランス企業は2021年2月以来初めて収縮を報告しました。

夏の間、観光と接客関連のサービスはほとんどのコロナウイルスの制限解除によって改善されましたが、それに伴う利益は相殺要因の増加により多くの企業でキャンセルされているようです。

ロシアはヨーロッパに天然ガスの供給を圧迫しており、イタリアは政治的混乱に陥っており、記録的なインフレは家計支出と企業投資を浸食しており、多くの経済学者たちにユーロ圏が景気低迷で入っていると確信しています。

ドイツ総合PMIは0.5ポイント下落した47.6で、2020年6月以降最低値を記録し、成長と萎縮を区分する50選以下で2ヶ月連続下落しました。 しかし、ロイターが調査したエコノミストは47.4で、より大きな下落を予想した。

S&Pグローバルのフィルスミス経済学部局長は「製造業の持続的な弱さはサービス部門の低迷によりさらに悪化している」とし、「調査対象企業が高いインフレと金利引き上げで需要に対する負担が大きくなっている」と報告した。 「と言った。

フランスのPMIは、サービス部門の急激な鈍化により、1.9ポイント下落した49.8と予想以上に下落しました。 S&P GlobalのJoe Hayesは、「高いインフレとコロナ19以降の需要の増加により、企業と消費者はランダムな支出を減らし、サービス需要は2021年3月以来初めて減少しました。

READ  中国の自動車メーカーBYDのチップユニットIPO計画、規制の問題で中断

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close