経済

リアルタイムニュースアップデート:5月のイギリスの住宅価格上昇率の鈍化

イギリスの住宅価格は、インフレの上昇と家計予算の圧力が不動産市場を冷却しているという兆候で、5月には遅い速度で上昇しました。

水曜日に発表された全国住宅価格指数によると、5月の年間住宅価格上昇率は11.2%で、4月の12.1%から下落しました。

緩やかな鈍化は、ファンデミック期間中に認知税の休暇とライフスタイルの変化によって引き起こされた2年間の熱狂的な活動の後、イギリスの住宅市場で活気が湧き出る可能性があるというさらなる証拠です。

しかし、専門家は、生活費危機が取引をさらに萎縮させることができると予想しているが、この数値はまた、住宅市場が依然として活気を帯びていることを示唆すると述べた。

NationwideのチーフエコノミストであるRobert Gardnerは、住宅市場が「太陽が重なるにつれて」減速すると予想したが、5月には「驚くべき量の勢いを維持した」と述べた。

彼は「失業率が50年ぶりに最低水準に落ち、雇用が史上最大の強力な労働市場状況が需要を支えている」と話した。 「同時に、市場に出ている住宅在庫は低い水準を維持しており、住宅価格に対する上昇圧力を維持しています。」

Nationwideは、ファンデミック期間中の2桁の価格上昇が、不動産価値がインフレと賃金引き上げを上回る数十年の傾向を誇張したと付け加えた。

女王が即位した年である1952年の平均住宅価格は1,891ポンド(現在価値で62,000ポンド)で、平均収入の4倍でした。

これは、現在の平均住宅価格が実質基準で1952年の水準より4.3倍高いことを意味します。

READ  二表紙の物語:台湾に対する日本のメッセージは、米国の注目を磁化

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close