スポーツ

リサの日本放浪/牧野植物園:日本の「植物の父」遺産保存

日本植物学の父と呼ばれる牧野富田では 「植物は人なしで生きることができますが、人は植物なしで生きることはできません。」

「聞いて、聞いて!」 私は言う。

高知県高台山の牧野植物園は、植物標本を保管する植物標本館、珍しい外来植物を見ることができる温室、植物園、温室、常設・季節展示館、ショップがある博物館カフェで構成されています。

持続可能な材料で作られた建築物は、周囲の環境と調和して調和しています。 特に螺旋状の入り口部分が目立つ。 この施設は、植物学者の生活を送り、彼が大切にする植物王国の驚異を示しています。

生きて息をする本当の植物学者に会ったことはありません。 とにかく、植物学者は正確に何をしますか? 彼らは植物を研究しています。 さて、そう思いました。 しかし、彼らはどのように請求書を支払い、生活を維持するのですか? まあ、意志があり、あなたが例外的な場合は、方法があります。

裕福な醸造所の息子である牧野は1862年、高知県で生まれました。 彼の両親は早く亡くなり、彼の祖母は彼を育てました。 正規教育を受けてから2年しか経っていないにもかかわらず、Makinoは植物生物学に興味を持ち、目覚めている時間の大部分を自然の中を歩き、植物を収集してスケッチするのに過ごしました。

牧野には幸運にも祖母がいて、彼が一生懸命勉強した植物本を買った。

18歳で初学術論文を書いて、19歳で本と顕微鏡を買うために四国を離れて東京を訪れた。 予想通り、彼はインスピレーションを受けて繭に戻り、バッグを作り、最終的に東京に戻った。

24歳の時、牧野は時折東京を訪れ始め、東京帝国大学の植物学研究室でよく発見されました。 彼は登録された学生ではありませんでしたが、学校の研究施設へのアクセスが許可されました。

才能のあるアーティストであり完璧主義者である彼は、虫眼鏡と顕微鏡でサンプルを研究し、細部への妥協のない関心で忠実なイラストを作成しました。 今日、どんな写真も彼の絵と同等に定義できないと言うことができます。 彼は後に大学に就職し、約50年間そこで働きました。

一方、彼は自分の情熱を追求するために家族の財産を使い果たしました。 彼の職業は財政状況に役立たなかった。 1890年に結婚して13人の子供を置いた。 彼の支持する妻は、家族が生計を立てられるように財政的に助けました。

彼らは一緒に武蔵野の森の真ん中(今日の練馬区)に家を建て、そこで彼が94歳で世を去るまで彼の宝物を保管して働きました。

1940年、東京帝国大学の講師任期が終わった後、彼は百科事典「Makino’s Illustrated Flora of Japan」を出版したが、これはまだ研究者や植物学者たちに人気の本です。

* * *

ワシントンで生まれ、東京を拠点とする写真家、Lisa Vogtのこの記事は、もともとAsahi Weekly 5月1-8日号に掲載されました。 明治大学教授である作家の視点で全国の様々な場所を描いたシリーズ「リサの日本放浪」の一部です。

READ  北京に向かう100日、カナダのオリンピック選手が本格的に始まります。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close