リシ・サンアク氏は2030年までに英国国防費をGDPの2.5%に増やすと約束した。

Estimated read time 1 min read
  • ポール・セドン(Paul Seddon)、ジョナサン・ビル(Jonathan Beale)
  • BBCニュース

ビデオキャプション、 市役所:冷戦の終結以来、世界で最も危険な場所だとSunakは言います。

Rishi Sunakは、「権威主義国家の軸」の脅威に対応するために、数十億ドルの追加の防衛費を約束しました。

首相は、英国の軍事費支出が2030年までに国民所得の2.5%に増加すると述べた。これは、以前の支出公約をさらに強化する措置である。

彼はイギリスが「戦争危機に瀕していない」と強調したが、追加資金がイギリスの防衛産業を「戦争状況」に置くことになると主張した。

労働党はまた、経済状況が許す限り、2.5%の目標を達成することを約束しました。

首相首相は、ポーランド訪問中に国防発表をしながら、イギリスが西側と旧ソ連の間の冷戦以来、最も危険な国際環境に直面していると述べた。

彼はイギリスがロシア、イラン、北朝鮮、中国など「私たちと異なる価値を持つ権威主義国家の軸」に直面しているため、投資が必要だったと話した。

彼はこれらの国が「新しい主張」を見せており、ますます協力していると主張した。

これは、英国国防費支出の大幅な増加を意味しますが、イギリス軍の規模を変更したり、軍隊の規模を逆に削減したりすることはありません。

高価なプログラム

国防消息筋はこれにより、イギリスが弾薬、特に砲弾とミサイルを自主的に備蓄できるようになると述べました。

ウクライナの戦争で得た教訓の1つは、ほとんどのNATO諸国が戦争に参加すると非常に早く使い果たされることです。

追加資金は、新しいフリゲート艦の注文、新しい戦闘機の開発、イギリスの核兵器システムの近代化など、すでに進行中の国防省プログラムの資源を支援するのにも役立ちます。

これらのプログラムは非常に高価であることが証明されており、国防省は既存の資源を利用するために苦労しています。

しかし、総選挙を控えて、これらの追加の現金投入には明らかに政治的な側面もあります。

経済が許す限り、GDPの2.5%を約束する労働党と保守党の間には、国防費の支出に明確な違いはありません。

現在、保守党は具体的な日付を定めましたが、まだ執権するという保証はありません。

ダウニング・ストリートは、計画により支出が今後6年にわたって徐々に増加し、2030年までに今年の予算より230億ポンド以上の871億ポンドに達すると明らかにしました。

資金調達方法について圧迫されたSunakのスポークスマンは、記者たちが公務員数を削減する計画で、2029年までに28億ポンドを節約し、以前に発表した研究支出で20億ポンドを増やすと指摘しました。

この計画とともに、ジャーナリストに提供された説明会の文書は、借入の増加につながることはないと述べたが、具体的な追加収益源について言及していない。

財政研究所の経済学者ベンジャランコは、「予算が保護されていない部門の削減によって追加支出が発生することを示唆している」と述べた。

ベン・ウォリス前国防長官も「パイ優先順位再調整」を通じて追加資金が出ると考えると話した。

BBC Radio 4のPMプログラムとのインタビューで、彼は「首相が「私たちが選挙でやることもできないかもしれないと思っていた他の約束」よりも国防費の支出が優先順位になると予言した」と述べた。

労働党のジョン・ヒリー予備国防長官は、党がこの水準に達するために「完全に資金が支援される計画を見たい」と話したが、保守党は「防御にとっては信頼できないことを何度も見せた」と話した。

彼は、労働党が今年末に総選挙で勝利した場合、就任後1年以内に軍隊資源を検討すると述べた。

首相は、彼の新しい2.5%の目標がNATOの「新しい基準」になる可能性があると述べた。 NATOの加盟国は、GDPの2%を国防費に支出するという目標が今10年になりました。

英国は昨年の国防費にGDPの2.07%を支出した。 NATOデータによるとしかし、ウクライナに提供される資源を含め、今年2.3%を支出すると推定される。

ポーランドはGDPの3.9%を割り当て、NATO経済の最大の支出国でした。 これは2022年の支出金額の2倍以上です。

米国は3.5%を支出して2位を占めましたが、全体的には最大の支出をしました。

今回の発表は、イギリスがすでに割り当てられている25億ポンドのほか、英国が今年ウクライナに5億ポンドを追加で提供することを確認した後に出たものです。

彼はイギリスが「毎年必要なだけ、少なくとも現在のレベルの軍事支援をウクライナに提供し続けることができる」と付け加えた。

支出への圧力

政府は3月、予算案が国防部に追加予算を割り当てなかった後、国防費増額圧力を受けてきた。

保守党の議員はさらに多くを主張し、2人の大臣は先月、彼に支出を増やすことを公に求めた。

新しい約束は、2022年に支出を10年末までにGDPの2.5%に増やすと約束したボリス・ジョンソン元首相の約束を反映しています。

サンアック氏は、その年のトリー党指導部に失敗した間、この目標に再び言及せず、代わりにNATOの少なくとも2%を約束しました。

これまで彼は経済状況が許す未来不特定の時点でその水準に到達すると誓ってきた。

NATOはまた加盟国にもっと支出を求めている。 同盟の事務総長Jens Stoltenbergは、Sunak氏と共に演説しながら、イギリスが「模範をリードしている」と述べた。

先月、公共会計委員会の議員は、政府が国防部に資金を調達する「信頼できる計画」が不足すると警告した。

そして昨年、国家監査院は、国防部が今後10年間に463億ポンドを投入したにもかかわらず、169億ポンドの財政ブラックホールに直面したと明らかにしました。

READ  ロシアと中国、バイデン訪問に東アジアで軍事訓練を実施
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours