世界

リトアニア、中国との不安定な関係はヨーロッパの「軽種」

ワシントン(ロイター) – 中国がリトアニアを扱うのはヨーロッパに「警宗」だとリトアニア外務次官が水曜日に語った。

中国は8月に台湾がビリニュスにあるリトアニア事務所をリトアニアの台湾代表事務所と命名すると発表すると、リトアニアが北京駐在大使を撤収することを要求した。

今年約300万人の人口が住む中国は、中国と一部の中部および東部ヨーロッパ諸国間の「17+1」対話メカニズムから脱退し、米国はこれを中国がヨーロッパ外交を分割する努力と見ている。

緊張によって引き起こされた貿易混乱は、リトアニアの経済成長に危険をもたらしました。

Arnoldas Pranckevičiusリトアニア外交部次官は、ワシントンで開かれた安全保障フォーラムで、「民主主義を守護するために民主主義を擁護しなければならないことをヨーロッパ人が理解することは、多くの点で警鐘を鳴らさなければならないと思う」と述べた。

Pranckevičiusは、ヨーロッパが世界で信頼でき、アメリカのパートナーになるためには、「中国に対して一緒に行動しなければならない」と述べました。

「中国は私たちを見ています。否定的な例では、他の国が必ずしもその道をたどらないようにし、したがって西欧共同体、米国、欧州連合がどのように反応するかは原則的な問題です」と話した。

民主的に統治する台湾を自分の領土と主張する中国は、台湾が別の国家であることを暗示できる動きに定期的に怒っています。

台湾と公式外交関係を結んだ国は15カ国に過ぎませんが、他の多くの国には事実上大使館があります。 この大使館はしばしば島自体への言及を避けるために都市名を使用して貿易事務所と呼ばれます。

Pranckevičiusは、リトアニアが17+1メカニズムを脱退しようとする動きは、半中国ではなく親ヨーロッパだと付け加えた。

彼は「そうでなければ、私たちは信頼できず、私たちの利益を守ることができず、中国と同等の関係を持つことができないので、統一され、一貫した方法で話すべきだ」と話した。

(Michael MartinaとDavid Brunnstromの報告、Sam Holmesの編集)

READ  Facebookコミュニティのルールに違反する投稿が多くのグループを「執行猶予」の - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close