技術

リモートワーク伸縮性をつけたいなら、「ベッドタイム」機能を使用しよう! :iPhone Tips – Engadget日本版

リモート操作通勤ストレスなく、快適な環境で働くことができるのが魅力ですが、なかなか集中できないという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。 逆に仕事を集めてタイミングが見つからず、リラックスしていないか、または不必要な残業をしたりしてしまう人もいるはず。 そんな伸縮性に関する悩みは、標準の “時計”アプリケーション “ベッドタイム」機能で解決しましょう。

始業から終業までの不要な通知を受け取らないようにする

「ベッドタイム」は、本来の睡眠をサポートする機能ですが、リモート操作に応用すれば、始業時間が近づいてきたことを知らせるリマインドを受けて仕事モードに切り替えるか、SNSやゲームアプリケーションなどの通知をオフにして、集中力が切れないようにすることができています。

ベッドタイムを使用するには、まず「時計」アプリケーションを開いて、「ベッドタイム」をタップし、「就寝予約」を選択しましょう。

iPhoneの
▲画面の下部の「ベッドタイム」をタップ(左)。 「スケジュール」をクリックして、「就寝時間のスケジュール」を選択します(右)

続いて「使用する日」欄での休暇をキャンセルし、その曜日のベッドタイムが発動しないように設定します。次の「就寝時」に始業時間「起床時間」に「起床時間」に退勤時間を設定します。ベッドの時間を選択し中通知が「通知センター」に表示されるが、着信音と通知音が鳴らず、注意は困難です。重要なメールなどは見逃せないコンピュータで頻繁に確認すると安心でしょう。

iPhoneの
▲「有効曜日」での休暇をキャンセルします(左)。「就寝時」に登校時間を「起床時間」に退勤時間を設定して、「ベッドタイム」をタップ(右)

画面の左上の「オプション」をタップすると、ベッドの時間の詳細設定を確認することができます。 ハザードしまい、仕事モードに切り替えるという人は、「就寝時の通知」で始業時間が近づいてきたことを知らせる通知を受信するように設定しましょう。 退勤時間を知らせるアラーム音もここで変更することができます。 詳細設定が終わったら、画面右上の「終了」をクリック。

iPhoneの
▲「就寝時の通知」で始業時間の通知を受信する時間を選択(左)。 必要なアラーム音を選択して、「終了」をタップ(右)

「起床時間」に設定した退勤時間になるとアラームが鳴り、スリープモードが解除されます。 だらだらと残業してしまう人がアラームをきっかけに仕事を集めてもいいかもしれません。

ベッドの時間の中にも、特定の相手からの着信を受ける

上記のように「ベッドタイム」を使用している間は、着信音が鳴らなくなります。「スマートフォンに仕事の電話がかかってくるので、それは困難である」という人は、「設定」を開き、受信許可にしましょう。」の設定」の「おやすみモード」をクリックして「受信許可」をクリックします。

iPhoneの
▲「設定」の「おやすみモード」を開きます(左)。 「受信許可」をタップ(右)

「電話」アプリ「お気に入り」に登録した相手のみ受信を許可する場合は、「お気に入り」を選択します。 そう受信も受ける “すべて”をクリックします。

ランチなどの休憩を取るタイミングを逃してしまう人は、「就寝時間」とは別に、アラームを設定することをお勧め。 スリープモードが有効になっていても、アラームが鳴りますチャイムの代わりに使用することができます。

READ  松村太郎のiPhone 12レビュー - 夜空もきれいに、iPhone、11で変わったことは - CNET Japan

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close