スポーツ

リーグ1:日本国家代表南野拓美がリバプールを離れてASモナコに移籍します。

Ligue 1 Club AS Monacoは、Premier LeagueのリバプールFCでTakumi Minaminoの獲得を発表しました。 27歳の日本国家代表攻撃型ミッドフィルダーは、2026年6月まで4年契約を締​​結しました。

セレッソ大阪(2011-2014)に続き、レッドブルザルツブルク(2015-2020)、リバプールFC(2020-2022)で2020-2020下半期サウサンプトンで賃貸2021年シーズン、日本国家代表(42試合、2は、キャリアの開始以来5番目のクラブに参加します。 南野拓美はデビュー以来、すでに391試合(114ゴール41ヘルプ)を記録し、ヨーロッパ大会48試合に出場した。 2015年から国家代表としてプレーしているこのウィンガーは、プレミアリーグとチャンピオンズリーグで彼の才能を見せました。

泉佐野出身の泉佐野は昨シーズンザルツブルクで5回のオーストリアリーグ優勝(2015、2016、2017、2018、2019)、1回のイングランドリーグ優勝(2020年)、1回のFAカップ、1回のカップを含む長い成果のリストがあります。 過去チャンピオンズリーグ決勝戦に進出したリバプールと共に。 早熟な才能を持つタクミ南野は、故国(85試合、セレッソ大阪で17ゴール)で突破口を設け、そこで17歳でプロデビューを行いました。 彼のヨーロッパ進出、レッドブル・ザルツブルクへの移籍は急速な成功でした。 オーストリアに到着して6ヶ月ぶりにリーグとカップ2連覇を達成したことが証明されました。

199試合で64ゴールを記録し、RBSで5回連続オーストリアリーグ優勝と4回のオーストリアカップ優勝を獲得したウィンガーにとって、多くのトロフィーの中で最初のトロフィーでした。 この成果は2020年1月にリバプールFCに移籍し、数ヶ月後にリバプールFCと共にイングランドリーグ優勝を獲得しました。 2020-2021シーズン後半にサウサンプトンFCにリースされ、彼はセントで10試合に出場し、2ゴールを獲得しました。

昨夏のリバプールに戻った後、彼はすべての大会で11ゴールを入れて2アシストを提供し、2つの国内カップ(FAカップとリーグカップ)でリバプールの成功に大きく貢献しました。 彼のクラブのキャリアとともに、Takumi Minaminoはカタールワールドカップに出場する日本代表チームの中核メンバーでもあります。 彼は大会予選で5ゴールを破り、日本はそれより多くの試合で8ゴールを記録しました。

U-17代表チームに選ばれた後、国家代表として活躍した彼は2016年U23ワールドカップでも優勝し、同年リオデジャネイロオリンピックにも出場しました。 「AS Monacoに参加することができてとても嬉しいです。素晴らしい伝統とリーグ1で最も認められたクラブで、この非常に興味深いプロジェクトに参加することができてとても嬉しいです。ある」と言った。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  吉田輝星6回途中鋼板/楽天全ライブ速報中 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close