スポーツ

ルイス・ハミルトン「今までこんなに困難だったことはなかった」/メルセデスF1アブダビGPファイナル[F1-Gate.com]

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2020年F1世界選手権最終戦F1アブダビGP決勝を3位に終わっ。 終盤アレクサンダーアル本が近づいてメルセデスとレッドブルホンダの2チーム4台バトルされたのは、F1が必要とすると述べた。

新型コロナウイルスに感染している前元F1社ヒールGPを欠場したルイス・ハミルトンだったが、最終戦F1アブダビGPでレースに復帰した。 3位でレースをフィニッシュしたハミルトンだったが、レース後体調があまり良くないことを認めた。

新型コロナウイルスに感染しているまだ肺に違和感があると述べていたルイス・ハミルトンに時速300km以上で心拍数が急上昇したF1マシンのドライブは、予想よりも身体に応えたものだ。

「今までこんなに呼吸したのはなかったと思う。コンディションはあまり良くなかった」とルイス・ハミルトンはコメント。

「しかし、明るい面に目を向けると、私のレースを走って切った。先週は、ここにあることができるとは思っていなかったので、自分が健康で生きていることに本当に感謝している」

「今後の期間で回復訓練に戻って本来の体に戻すことを期待している」

ルイス・ハミルトンがアブダビで2位以下に仕上げたのは、2013年までにさかのぼる。 しかし、勝利をしていなかったことも戻ることができたことに満足してハミルトンは言う。

“すべてのレースに勝つことができない。過去2週間のことを考えると、週末には全体的に非常に満足している」

「もちろん、100%ではなく、期待していたほど良くはなかったかもしれない。しかし、マックスを祝福したい」

「物理的に非常に難しいレースだった。シーズンを通して物理的に問題がなかったが、今日は確かにそうでなかった “

ルイス・ハミルトンは、マックスフェルースタトペᆫ追いつくことができなかったことを認めて、4位に終わったアレキサンダーアール本戦いに絡んできたことを歓迎していると述べた。

「はい、今週末のレッドブルチーム私たちの手の届かないところにあったと思う」とルイス・ハミルトンは語った。

「彼らの速度にしばみついていけなかった。アレックスは良い仕事をして戦いに絡んできたこともわかりました。私たちはチームで戦っていた、それF1が必要としているようだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス

READ  元なでしこ永里が男子チーム兄得点演出/写真特集 - サッカーライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close