スポーツ

ルイス・ハミルトン「2021年メルセデスとF1にある保証はない」[F1-Gate.com]

ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1が前代未聞のコンストラクタータイトル7連覇を達成した日2021年F1レースを継続することを期待していますが、6回F1ワールドチャンピオンに君臨する “保証はない」と述べた。 ハミルトンはまだメルセデスF1との新たな契約に署名しなかった。

ルイス・ハミルトンとメルセデスF1との契約は、今季終了時点で終了する。

ルイス・ハミルトン、自分のチームの代表トートヴォルフは継続的にパートナーシップを継続したいと主張してきたが、まだ新しい契約を交渉するために座っていない。

トト・ヴォルフは2021年以降もメルセデスF1に留まるつもりだが、現在のチームの代表という役割を継続するかどうかはまだ決定ではないと認めている。

日曜日F1エミリア・ロマーニャGPで優勝したルイス・ハミルトンは、その件については、次のように語った。

「来年はここにあるかどうかは知ることができず、現在の私に大きく心配する必要はない」とルイス・ハミルトンは答えた。

「今11月であり、クリスマスがそう遠くないのはクレイジーだ。当然、良い感じで、非常に強い感じ。数ヶ月の間継続することができるような気がある」

「来年はここに行きたいが、それを保証するものは何もない。残りの人生に興奮するのはたくさんあって、時間が経てばわかるだろう」

このコメントは、日曜日の後半にトートヴォルフも伝えられたが、彼はルイス・ハミルトンがとどまることを望んでいると言う。

「彼がF1から引退を決意したとしても、それは起こらないだろうと思って起こらないことを願っている。非常に熱狂的なドライバー市場がそこにあると思う」とトートヴォルフは言った。

「しかし、それは瞬間的なものであり、感情的なようです。私たちは皆、幸せがあまりにも疲れている。それは私にも同じだ。彼の心は完全に理解している。自問自答して、午前中に新たにてスイッチトウル選択して夕方にスイッチをオフにするときに他の重要な様々なを考えている。それは、我々はすべてが直面する困難のこと “

これらの相互作用を受けて、F1.com シニアライターであるローレンス・バレットは、次のように考察する。

「来年の「保証はない」というハミルトンのコメントはかなり騒ぎを引き起こした。しかし、それらはあまりにもそのまま受け入れてはならない」とローレンス・バレットは言った。

「ハミルトンは彼の93回目F1グランプリの勝利直後話しだ。ヴォルフが言ったように感情が高まっているときですね」

「現実はハミルトンはF1に留まったがる。彼は8番目の世界タイトルを獲得したいと考えている。そして、彼はメルセデスとしたいと考えている」

“しかし、彼はシーズンが終わると契約が終了することができ、グリッドの他の場所で使用できる現実的なオプションは、ほとんどないため、レバレッジはほとんどない」

「難しい世界情勢の中で、メルセデスはハミルトンの給与を決定する際に財政を管理することに熱心になる。一方、6回のワールドチャンピオン、すぐに7回のワールドチャンピオンになるために彼の価値が高まった感じだ。これは難しい交渉になるだろう」

「したがってハミルトンは自分に合った取引をしようとしたり、彼が言ったのは、おそらく驚くべきことではないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス

READ  ホンダ、F1撤退童話にシフトも「フォーミュラEチャムジョンヌン考えていない」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close