ルイハチムラ、日本16人オリンピック延長名簿の見出しを飾る

1 min read

Eurohoopsチーム/[email protected]

2023年にFIBAワールドカップを逃したハチムラ・ルイは、日本が沖縄ホームで別れ予選を行った今、トム・ホバセ監督の下に戻り、今年の夏季オリンピック、パリオリンピックの予備16人リストの先頭を飾っています。

26歳のフォワードが日本代表チームで最後にプレーしたのは、ホームで開かれた2020年東京オリンピック代表チームでした。 当時、彼は競技当たり平均22.3得点、6.7リバウンドを記録した。 彼は以前に2019 FIBA​​ワールドカップで出会いごとに平均13.3得点を記録しました。

ロサンゼルス・レイカーズ選手と共に、ユタ・ワタナベ、雪川村、由紀智之、誠・江島、23歳の京成トミナガなど他の主要選手が拡大した日本名簿に含まれるように選出されました。 2023年のFIBAワールドカップで1試合につき21.0ポイントで国家代表チームを獲得したにもかかわらず、ジョシュ・ホーキンソンはリストに含まれていませんでした。

昨年大会でより高い順位を獲得できるアジア国家代表チームとしてパリ​​2024に進出した日本はフランス、ドイツと競争するB組に参加し、今年ラトビアで開かれたFIBAオリンピック予選トーナメントで優勝したチームです。 女子チームも2021年国内で銀メダルを獲得した後、パリ2024に参加することになります。

写真提供:FIBA

バスケットボールの最新ニュースをすべて読む

READ  一王、ロンドンフランシスクリーク研究所を訪問娯楽
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours