技術

ルノー・日産、電気自動車に3倍投資

自動車メーカーは、小型電気自動車を同様のサイズのガソリン車両と同じくらい安価にすることができることを願っていると消息筋は伝えた。

3社は共通バッテリーと他のコア部品を使用すると予想されます。 連合はこの計画により、2030年までフランス、イギリス、中国、日本で合計220ギガワット時のバッテリー容量を生産するための容量に共同投資する計画だと消息筋は伝えた。

バッテリーを標準化して共有することで、連合はバッテリー製造コストを半分に減らすことができると期待していると彼らは言った。

同盟はまた、日産が開発している固体リチウムイオン電池技術を共有すると予想されると彼らは言った。

消息筋はこの消息筋によると、ルノー、日産、三菱などが昨年秋、日本行事で2030年計画を発表する予定だったが、日本のコロナ19急増で発表が今週​​に延期されたと消息筋が伝えた。

全面的な合併のためのフランスの会社の提案に対するNissanとRenaultの間の意見の不一致(2018年前に同盟のリーダーであるCarlos Ghosnの逮捕で発表された緊張)は、技術と車両の開発への協力のための遅れた努力と一致しました。 問題についての知識が語った。

3つの自動車会社は、共有コア部品とシステムがほとんどない独自のハイブリッド技術を持っています。 ある情報源は、ソーシングと開発の限られた協力によって、グループ内でコスト削減を達成する能力に関する懸念が提起されたと述べた。
同盟の指導者が2030年の計画の一部としてハイブリッドを議論するかどうかはすぐには明確ではありませんでした。

日産は11月に車両の電気化を加速するために5年にわたり約180億ドルを支出する計画であり、2030年までに15個のEVを含むガソリン-電気ハイブリッドを含む23個の電気自動車を発売する計画だと明らかにした。です。 日産はEVとe-パワーハイブリッドを含め、2030年までに車両ミックスの半分が電気化されると明らかにした。

ルノーは、2030年までにルノーブランドがヨーロッパで100%電気自動車になることを明らかにしましたが、会社の関係者は、ロイターにこの目標がヨーロッパ以外の市場やDaciaなどのグループの他のブランドには適用されないと述べました。

READ  Vaxメーカー、技術責任者パドマ賞受賞

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close