スポーツ

ルノーF1レッドブルホンダF1エンジン続け提案は受け入れられない」[F1-Gate.com]

ルノーF1チーム代表的なシリルアビテーブルはレッドブルが提供するF1エンジンの開発を凍結させ、また、パフォーマンスチューニングをする新しい提案は受け入れられないと述べた。

火、現在のエンジンサプライヤーであるホンダが2021年のシーズン末でF1から撤退という決定をしたもので、2022年以来、F1エンジンがない状況に陥っており、さまざまな方法を議論している。

レッドブルホンダが2021年に生産したF1エンジンの知的財産権と運営チームでドラッグ続い自社で運用していくことを希望しているが、一方でベンツ、フェラーリ、ルノーのF1エンジン、高価な「軍備競争」に参加したくはないとしている。

フェラーリは、F1エンジンの性能コンバージェンス(パフォーマンスチューニング)のメカニズムが確立されることがある場合は、F1エンジン凍結に応じているが、メルセデスはその提案は、「攻撃」と反対している。

シリルアビテーブルはルノーF1もその提案に不満を抱いていると述べた。

「我々は、すべてが自分たちの立場を表明する会議があった」とシリルアビテブルウン スカイF1と述べた。

「私たちは、立場を変えなかった。一連の規制がある。我々は、特に、エンジン凍結に妥協をする準備ができている。我々は、コンバージェンスが起こっていることを可能にしており、多くのお金を費やしてはクレイジーだと思っている」

「でも、そこには明確なラインがある。我々は、エンジン、エンジンの開発、性能の70年にわたる競争を無視するつもりはない」

「私たちに性能の差別化要素としてのエンジンはF1の核心である。それが私たちに意味である。我々は、その境界線を超えない。それは非常に明確である」

それでもシリルアビテーブルはF1エンジンサプライヤーの状況は深刻な問題だと認めている。 レッドブルホンダF1の適切な代替がない場合、F1キーを撤退すると脅している。

シリルアビテーブルは、「我々は、レッドブルの解決策を見つける必要がある」と述べた。

現在の競技規則は、ルノーF1は、必要に応じて牛と姉妹チームであるアルファ他、私たちにF1エンジンを供給することが義務付けられている。

しかし、火、2018年、ルノーとの提携を終了ホンダF1と短命であるがパートナーシップを送っているので、再度ルノーと組むことは、クリスチャン・ホーナーヘルムート・マルコチームの所有者のディートリッヒ・マテシトチュに魅力的ではない。

「規制はすでに解決策がある」とシリルアビテーブル語った。

「何が起こるか決して知ることができない。特に、我々は常に規定を遵守すると言われている。私たちに義務がある場合はそのようにしたい」

しかし、レッドブルが社内でF1エンジンの開発プログラムを作成できるようにルールを変更することは全く別の問題だ。

「彼らはホンダとそれを行うことができる場合の検討を祈りますが、我々はこれ以上進行しないようにする」とシリルアビテーブル語った。

「レッドブル最高のエンジンを搭載しなければならないと規定を記述する必要がある場合は、それが何か違う。しかし、これは、ここで問題になっているものではないと思う」

実際シリルアビテーブルはレッドブルが再びルノーF1エンジンを搭載する可能性について非常に開放的な姿勢を見せている。 今回は対等なパートナーとして仕事だ。

「顧客のチームよりもむしろパートナーチームがあった方がいい.F1はそのようなチームのグループで形成されているのは皆さんも知っているようだ」とシリルアビテーブルは言う。

「金融、商業、政治、技術のに関しても、おそらくいくつかのチャンスがある」

「しかし、我々は、列車がなくなっても受け入れる必要があると考えている」とシリルアビテーブルは認められ、それがルノー自分のF1で長い将来の最近の不確実性が一役買ったことを認めた。

「ルノーF1の努力に対して疑問符がたくさんいた時期があった。私たちは、長期的な顧客やパートナーのチームを確保する立場ではなかった “

「次の列車がいつ通過することを確認しなければならない。私にとっては、それは将来の計画に追加する大規模な作業はされることがない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / レッドブル / ホンダF1

READ  仙台「世界新」の更新100回目、2時間20分切り - 陸上:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close