経済

ルンバと部ラバーでソファの周りなどピンポイントの掃除も。 「史上最大」の機能強化 – 家電Watch

アイロボットこのソフトウェア更新プログラムをリリース

アイロボットCorporationは、ロボット掃除機「ルンバ」と床掃除ロボット「部ラバー」の機能を改善する本体ソフトウェアのアップデート」iRobot Genius(アイロボットジーニアス)ホーム・インテリジェンス」を日本時間8月26日に発表した。 アップデートは、この日から2週間を目安に提供します。 アプリを最新バージョンにすると、本体も一緒に更新される。

アプリケーション「iRobot HOME」の仕様とロボット掃除機「ルンバ」と床掃除ロボット「部ラバー」のWi-Fi対応製品を対象とした会社史上最大と呼ばれるソフトウェアの更新更新された主な機能は、「Where / When / How 」の3カテゴリで「どこ/いつ/どのように “きれいにするか、部屋や生活に応じて設定することができる個人によって使用される人の勝手洗浄することができる。

更新機能は、次のとおりである。

【どこ】
・物体認識機能
・部分清掃領域

【いつ】
・お気に入り機能
一定の提案
生活のルーチンの設定

【どのように】
・進入禁止区域の提案
季節に応じた提案

ルンバs9 + / i7 + / i7、富ラバージェットm6すべての機能をサポートします。 ルンバ900 / e / 600シリーズは、一定の提案/生活のルーチンの設定/季節による提案のみをサポートする。

ルンバs9 + / i7 + / i7、富ラバージェットm6すべての更新機能をサポート

今回のアップデートでは、業界で初めて「物体認識機能」を追加します。最先端のロボットAIを採用して機械学習によってソファとテーブルなどの特定の家具を自動的に検出します。これにより、「ソファーの周りをきれいにする」とピンポイントで掃除が可能になった。

清掃領域を手動で指定する「部分清掃区域」を採用して汚れやすい場所を部分的にきれいにすることができる。 既存の「進入禁止区域」と結合してきれいにしたい部分と不要な部分を自在にコントロールすることができるという。

「お気に入り機能」では、毎日の清掃のパターンに名前を付けることで、どこをきれいにする方法を簡単に設定することができているという。 たとえば、「夕食後」とお気に入りに登録して、きれいに領域にダイニングテーブルとキッチンを選択することが、これを起動して、夕食後食卓下記キッチンをルンバに掃除した後、部ラバーで拭き掃除するなどの掃除がワンタッチで行うことができるとしている。

部分洗浄区域を設定して、ピンポイントの清掃が可能

お気に入り登録した運転領域や条件をワンタッチで呼び出す

一般的な予約機能に加え、市販のコネクテッド・デバイスやアプリケーションと一緒に「家で離れる部ラバー開始」など、実用的な予約も可能である。 iRobot HOMEアプリケーション内でIFTTT連携作業がある。

アップデートは、清掃のタイミングと方法をAIが学習して提案も行う。 たとえば、金曜日の夜のリビングルームに掃除機をかけることが多いなど、頻繁に使用する洗浄パターンを学習 “歯をきれいに予定表に追加しませんか?」と、アプリケーションで提供する。

他にも配線が多いところなど、ロボットが停止する場合が多い領域を自動的に検出して、「この地域を進入禁止に設定していませんか?」という提案を行なうことで、使用している人と環境に合わせて調整されていくという。

配線が多いところなど、ロボットが運転停止された領域を検出し、進入禁止区域に提案

花粉とアレルギーの季節に応じた提案も行なう

ルンバ/部ラバーは「家庭のメイン掃除機」に

アイロボットジャパン代表執行役員社長の挽野元氏によると、アイロボットのロボット掃除機カテゴリーの国内市場シェアは77.1%、掃除機カテゴリは11.1%を達成した。 7月末現在世帯普及率は6.6%に達しているという。 同社は2023年までに世帯普及率10%を目標としている。

挽野氏ルンバが誕生した初期には、その性能に懐疑的な人も多く、なかなか市場に受け入れてくれなかったと言う。 一方、2020年5月に会社が行った調査では、「在宅時間の増加で、今まで以上に有用であり、家電は?」という質問に45%が「ロボット掃除機」と答えた。

「最近では、ロボット掃除機が掃除を手伝ってくれるパートナーとして徐々に認められるようになりました。ルンバ、そして部ラバーは、今回のアップデートを通じて家庭のメイン機に成長しています」(挽野氏)

アイロボットジャパン代表執行役員社長挽野元氏

READ  新しいFire TV Stick、4,980円。 50%強力でHDR対応年内に新しいUI - AV Watch

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close