ルーマニア大統領、今月日本・シンガポール順方

1 min read

ルーマニアの大統領 クラウス・ヨハネス 3月6日から10日まで日本を公式訪問し、シンガポールを国賓訪問します。 大統領政権によると、今回のシンガポール訪問は過去20年間、ルーマニア首脳では初めてだ。

ヨハネス大統領は3月6日から8日まで日本を訪問する予定だ。 彼は成人日本天皇、岸田文夫首相、両院両院議長に会う予定だ。 また、ルーマニアの指導者は、地元の管理者との出会いのために京都を訪問する予定です。

訪問期間中、ルーマニア大統領と日本首相は、両国間の戦略的コンパニオン関係の構築に関する重要な共同宣言に署名する予定です。 韓国に続き、アジア諸国と結ぶ2番目の戦略的パートナーシップだ。

「したがって、この文書の署名は、ルーマニア大統領Klaus IohannisとGo Abbe Sinjoi首相との対話でこの戦略的パートナーシップを開始することを決定してから5年後の広範な協議および交渉プロセスを終了します。 ブカレスト、」大統領政権 言った

同じ情報源によると、日本との戦略的パートナーシップの確立は、「ルーマニアと日本の協力を最高水準に発展させ、両国の可能性を活用するより高い段階への移行を示しています。 […] 安全保障問題に対する外交政策と対話、経済協力と開発支援、それぞれ文化、科学と技術、革新、研究開発の分野における協力という3つの主要なレベルで。

日本はルーマニアにアジア最大の投資国だ。 現在、日本資本を持つ397社の商業会社があり、40,000社以上の雇用を創出しています。

そして大統領政権によると、米国と共にルーマニアのSMR(小型モジュール原子炉)技術開発、グリーン水素の生産と流通、ハイエンドエンジニアリングプロジェクトであるBrăila Bridgeなどの先進インフラ、高出力光学装置の生産、またはブクレストのM6地下鉄路線完成。

また、同訪問期間中、財務省、ルーマニア輸出入銀行、日本国際協力銀行間の覚書、ELI-NP Măgurele、日本企業の岡本光学、研究所間の覚書に署名する予定です。 大阪大学レーザー工学科。

次に、ルーマニア大統領は3月9日から10日までシンガポールを訪問します。 彼はHalimah Yacob大統領とLee Hsien Loong首相と公式会談を行う予定です。

「今回の訪問の主な目的は、特に経済投資計画における可能性に応じて両国関係を強化することです。 シンガポール国防訪問議題には、IT、教育、研究、食料安全保障、連結性、サイバー安全保障、先端技術、気候変動対応、グリーン転換分野協力強化も含まれる」とルーマニア大統領政権は説明した。

[email protected]

(写真ソース:Inquam Photos / Alex Nicodim)

READ  公務員に冬のボーナス、公務員の平均約65万円、3年連続で減少 - NHK NEWS WEB
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours