技術

レストラン眼球ロボットが労働力不足を緩和するのに役立ちます

読売新聞
ロボットが11月16日、大阪大正区の寿司レストランでドリンクを用意している。

大流行の間にいくつかのレストランに導入され、人間の接触を制限するためにロボット技術を維持し続けることができます。 レストランがスタッフ不足を処理するために自動化を探しているからです。

大阪大正区にある寿司レストランの江戸前スタンドトロヤス本天(Edomae Stand Toroyasu Honten)は先週、ロボットバーテンダーが約1分でハイボールを作る姿を公開した。 ロボットバーテンダーは自動腕を利用してグラスを持って氷を満たし、ウイスキーとソーダを注ぐ。 、攪拌機で混合する。

ロボットバーテンダーは14種類の飲み物を作ることができるとレストラン側は明らかにした。 レストランでスマートフォンで注文すると、ロボットサーバーはテーブルに飲み物を運びます。

読売新聞
ロボットが11月16日、大阪大正区の寿司レストランでドリンクを用意している。

レストランの運営者であるCiX Holdingsによると、ロボットのおかげで従業員数を50%削減できました。

CiX Holdings社長のSoichi Yokoyama氏は、「ロボットを使用することは、少ない人数でレストランを運営できることを意味し、新しい店舗を開くのが容易になる」と述べた。

厚生労働省によると、さまざまな産業分野で顧客対面の役割を果たす従業員が非常に不足しています。

外食規制が緩和された昨年末から状況が悪化した。 Teikoku Databank Ltd.の調査によると、レストランの73%がアルバイトのスタッフが不足していると答えた。

SoftBank Robotics Corp.は、月100,000円程度の家賃が一部のレストランに高すぎる障壁になると考えていましたが、過去6ヶ月間にロボット開発者は需要が急増しました。

ソフトバンクのロボティクス関係者は「多くの企業が人材が不足しているが、問題解決にお金を使うことはできない」と話した。

レストランオペレーターSkylark Holdings Co.は、昨年夏からカジュアルダイニングチェーンであるGustoとしゃぶしゃぶレストランでサービングロボットを披露しました。 同社は来月末までに2,000店舗にこれを配置する計画だ。

主に関西地域で和食レストランを運営するGanko Food Service Co.は、8店舗で同様のロボットを使用しています。

関子関係者は「皿をテーブルに移す作業は顧客に価値がないため、ロボットが代わりにできる」と話した。

しかし業界の一部では、人が顧客サービスを担当しなければならないと言う。 今後、人間とロボットが役割を分担し、顧客満足度を高める可能性が高い。



READ  「ソニック・ザ・ヘッジホック」ゲームメーカーナカ・ユジ、日本で逮捕

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close