トップニュース

レッドソックス、日本のRHP澤村拓一、2年契約を締​​結

レッドソックスは、火曜日にブルペンの深さを強化し、正式に日本の右腕投手澤村拓一と2年契約を結んだ。

沢村の加入ニュースは先週、日本のアウトレットで初めて報道されたが、投手と捕手がスプリングトレーニングのためにフォートマイヤーズに報告する2日前の火曜日レッドソックスが正式に発表しました。 The AthleticのKen Rosenthalによると、沢村の契約は2年間300万ドルとして知られており、インセンティブに基づいて3年と760万ドルに成長する可能性があります。 彼は2023年にデュアルクラブ/プレーヤーのオプションを持っています。

40人ロースターに沢村の席を用意するために、レッドソックスは右腕ジェフリースプリングスを割り当てた。 去る1月サムトラヴィスを迎え入れたスプリングスは、昨シーズン平均自責7.08で、16試合に出場した。

沢村の到着は、32歳の日本プロ野球で9年間の強いキャリアを積み、主に読売ジャイアンツでプレーし、日本で少しのファンファーレを提供します。 その時、彼の9イニンダン8.2三振で2.77の防御率を記録した。 Sawamuraは先発投手としてのキャリアを開始したが、2015年に36セーブを記録し、2016年に37セーブでセ・リーグを導いてブルペンに切り替えました。 しかし、彼はそれ以来、定期的にドアを閉じていない。

沢村は昨シーズンジャイアンツとの選抜にひどく苦労し13⅓イニング防御率6.08、三振11個、四球8個を記録した。 彼はマイナーリーグに降格された驚くべきことに千葉ロッテマリーンズにトレードされた。 しかし、彼は21イニング1.71の防御率で29三振で10四球で1年を終えたので、その風景の変化は、彼が必要だったように見えた。

Sawamuraはまだ97mphに達することができる支配的なファストボールを保持しており、低い90sに座っているスプリッタとスライダーを持っています。 まだブルペンへの明確な役割がありませんでした。 Matt Barnesはより近いところで一番好きな人物だと思います。 SawamuraがRed Soxと合ったのは明らかではないが、彼は重要な役割をすることです。

Sawamura will be the ninth player born in Japan to play for the Red Sox、joining Dave Roberts(2004)and pitchers Tomo Ohka(1999-2001)、Hideo Nomo(2001)、Daisuke Matsuzaka(2007)、Hideki Okajima(2007 -11)、Takashi Saito(2009)、Junichi Tazawa(2009年、2011-16)、and Koji Uehara(2013-16)。

READ  測定値を終えて帰国する畑岡奈紗、渋野ひなこ河本結それぞれの収穫と課題【最終日コメント集](ゴルフ情報ALBA.Net) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close