スポーツ

レッドブルホンダF1分析:定位置3回目。 再配置の部分が課題/アルファ乗ったちホンダF1エミリア・ロマーニャGP予選[F1-Gate.com]

レッドブルホンダF1は2020年F1世界選手権第13戦F1エミリア・ロマーニャGPもマックスフェルストペᆫメルセデスで0.5秒差の3番目は、「所定の位置」を抜け出せなかった。

2日に開催される90分の事例しかない状況で、レッドブルホンダF1は、システムの設定をよく整理した。 F1アイフェルGPで導入した新型フロントウイングとリア周りのアップデートもうまく融合され、初期に見られたバランスの問題が解決されてきた。

しかし、そこ浮き彫りになってきた課題がホンダのF1エンジンの配置の問題である。 レッドブルが推進した予選モードの禁止が皮肉なことに、ホンダのF1パワーユニットの負担となっている。 予選と決勝で同じICEモードの使用を義務付けたもので、F1イタリアのGP以来のレースで直線的に160馬力のMGU-Kパワーを書いてしまう「クリッピング」が多発している。

F1ポルトガルGPはメルセデス0.252秒差まで迫ったレッドブルホンダだが、イモラサーキットではその差が再び0.567秒差で開いた。 Q2でスパークプラグの問題のために、1次攻撃を見逃すリズムをつかむことができなかったことも原因であるが、最大フェスタッドペᆫヌンその変化を「トラックに依存 “していると説明クリッピング課題にたち。

「たとえば、クリッピングが多くの場所で、よりその傾向があるようだ」とマックスフェスタッドペᆫヌン言う。

「もちろん、ストレートで少し膝が失わ昨年に比べ予選でレースまで少し利点があると思うし、今では予選が少し良くなっていると思う。レースではもっと苦労している。しかし、それはすべてのトラックのものではない」

「ニュルブルクリンクは悪くなかった。私たちは非常に競争力があると思います。少し苦労しているようだったが、いくつコーナーし、それルイス(ハミルトン)は、私に格差を広げた理由だ」

F1ポルトガルGPで最大フェスタッドペᆫヌン起動時の小雨が降った状態で多くの時間を失った後、ルイス・ハミルトンで約35秒遅れて仕上げました。

「前回のレースで先にラップだけでなく、滑走路など、さまざまな要因があったので、それについてのコメントすることは非常に難しいと考えている。私は他の戦略をとっていた。だから、そこには、トレンドとは思わない」

「レースでラップ全体で使用できるエネルギーが若干制限されている。少なくともストレートで同じ量の材料がないことから、それを改善するために、より熱心に努力する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1

READ  大阪ナオミ格闘制圧第二全米女王に将軍/詳細 - スポーツライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close