スポーツ

レッドブルF1、2022年のバイオ燃料E10の導入延期を希望する…ホンダのF1エンジン継続的に影響[F1-Gate.com]

レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーがF1に新しい動力装置が導入されるまで、ガソリンのバイオエタノールの混合率を高める延期されることを期待している。

2022年まで延期された新しいF1の規定は、パワーユニットに使用されるバイオ燃料エタノールの混合比率を現在の7.5%から10%に増やした、いわゆる「E10」を使用することが記録されている。 また、2026年(おそらく2025年に前倒し)に導入される次世代F1パワーユニットは100%のバイオ燃料を使用することが計画されている。

しかし、2021年の末にF1から撤退するホンダのF1エンジンの代わりにできるように、2022年からF1エンジンの開発を凍結することを推進している火のバイオ燃料の使用量の増加に対応消極的である。

バイオ燃料E10が導入されると、実質的にエンジン開発凍結は無効となり、2022年に使用される新しいシャーシの開発と並行して、エンジン側での作業が必要である。

バイオ燃料E10導入について質問したクリスチャンホーナー「私としてはE10燃料を使用していないことを好む」と述べた。

「2022年に開発の直接の要件であり、現在の燃料に5%を増やしE10で使用する代わりに、新しいエンジンに完全に持続可能な重要な燃料を導入することが望ましい」

「2026年(2025年になる可能性がある)に完全に持続可能な燃料を使用することが大きなメッセージかどうか、または知らない」

「その燃料を導入することは、結果があり、その結果は、必然的にコストがかかることは明らかである」

メルセデスF1チーム代表を務めるトートヴォルフはメルセデスでは、「E10かどうかは、実際にはかなり中立」と述べた。

F1の電源装置メーカーは、テストを開始するために、完全に持続可能なバイオ燃料の最初のバレルを受けた。 FIAの技術ディレクターであるジルサイモンは、実際の目的は、2025年または2026年に登場する次世代パワーユニットではなく、2023年までに、これらの新しい燃料を使用できるようにすると述べたている。

「私たちは、まだ完全な計画を完了していないが、私が言うことができるのは、私たちの目標は、2023年には100%持続可能な燃料を導入するために努力しているということだ」と質のシモンは、FIAの情報誌 自動 と述べた。

「私たちは成長しているが、現時点ではそのようにされているわけではない。2023年には100%持続可能な燃料を使用すると言うことは時期尚早である。しかし、それは我々がしようとして達成しようとするものである。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1マシン

READ  サッカー選手たちは、脳の損傷に対する考え方を変えなければならないと組合の関係者は言う

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close