スポーツ

レッドブルF1」アストンマーチンを代わりにタイトルスポンサーなしで “[F1-Gate.com]

レッドブルF1は2021年に向けてアストンマーチンの代わりタイトルスポンサーを獲得する予定はないと言う。

アストンマーティンは、2018年からレッドブルレーシングのタイトルスポンサーを務めており、両社の提携は、F1だけにとどまらず、ハイパーカーを共同開発してアストンマーチンバルキリーが誕生した。

アストンマーティンのロゴは、公式チーム名(アストンマーチンレッドブルレーシング)だけでなく、レッドブルF1マシンとドライバーの普段着目立つ位置に掲載されていた。

しかし、今年の1月にアストンマーティンは、カナダの大富豪ローレンスストが会社の株式20%を取得して経営陣議長に会社の取締役に就任したことを発表。 ストは、2021年から自分のチームのレースポイントをアストンマーティンの作品チームでF1に参戦することに決定した。 レッドブルレーシングのタイトルスポンサー契約を終了することで合意に達した。

レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーが2021年に新たなスポンサーを追加することを願って入るが、タイトルスポンサーを獲得する計画はないと述べた。

「来年アストンマーチンを代わりにタイトルスポンサーではない。来年に向けた新たなスポンサーを紹介することになる」

“しかし、もちろん、アストンマーティンは、私たちのシステムに掲載されているわけではない」

「4年間タイトルスポンサーとして3年間、彼らと機械で4年間楽しんできたブランドの推進に寄与もちろん、バルキリーで良好な関係を楽しんでいた」

「私たちの取引は、常にチームを非常にサポート元CEOアンディパーマーで構築された。そして、ローレンスが事業を買収することで、彼らが撤退するのは当然のことだった来年F1でアストンマーティンの名前が存続するのを期待している」

スポンサー契約は終了したが火継続バルキリープロジェクトに取り組み、2021年に出荷が予定​​されている。

「自動車は走っており、さまざまなテストを実施している。もちろん、その関係は、すべての車両がレッドブル高級技術を使用して完成されるまで継続されるだろう」とクリスチャン・ホーナーと付け加えた。

レッドブルのタイトルスポンサーとしての主要な自動車ブランドと提携してきた歴史がある。 2013年から2015年までの日産の海外ブランドであるインフィニティの自動車会社と契約を結んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1

READ  Walt Disney Company(The)(NYSE:DIS)、Comcast Corporation(NASDAQ:CMCSA)-NHLが16年ぶりにESPNに復帰

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close