スポーツ

レッドブルF1の代表が後悔こと:裸でプールにダイビング/ 2006年F1モナコGP[F1-Gate.com]

レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、2006年のモナコのエネルギーステーションのプールに裸で飛び込んだ…映画「スーパーマン」の後援に付すことマントをかけていることができた….

全元F1トルコGPでレッドブル・レーシングに300試合目を迎えたことを記念して、クリスチャンホーナー元F1ドライバーのデビッド・クール使徒とポッドキャスト「Talking Bull」に出演。

14年前にデビッドクールサドイ表彰台を獲得したF1のモナコGPでマーティンブランドに行ったことについて振り返った。

「それは本当にバカだった」とクリスチャンホーナー回想する。

「2006年のマシンはほとんどのレースでフィニッシュラインを通過しなかった。12月にわずか5度だったシルバーストンでオーバーヒートを起こした」

「水曜日の夜にグランプリのために、モナコに到着したとき、当時のデビッドクール使徒顧問だったマーティンブランドルとお酒を飲んでいた。彼はデビッド・モナコではいつも非常に強かったので、表彰台を獲得することができますないと述べた。しかし、表彰台を獲得するどころか、そのシーズンは予選でトップ10に入っていなかった!」

したがってクリスチャンホーナーレース週末の前にマーティンブランドルと賭けをした。

「だから、私は彼に、「もしクール使徒ここで表彰台を獲得した場合、私はプールに裸でジャンプ」と話した。彼はその週末には本当に良い予選をした(7回目)。そして、彼はレース彼の味方だった。私たちに利用ことができる利点があり戦略は激しかった “

おかげでレッドブルレーシングの非常にエキサイティングな週末となった。

“彼は突然トップ3に入ったその水曜日の夜にマーティンとしたことを完全に忘れていた。とにかく、クール使徒がフィニッシュラインを3回目に通過して、誰もが熱心に抱いていたとき、マーティンは私のプールに裸でジャンプ賭けにたことを発表した。クール使徒でもワイヤレスで「彼がスーツを脱ぐのを見ることを期待している」と述べた “

“私は呪いをついてまだそれを回避しようとしたし、誰も見ていないときに実行することを期待していた。

しかし、最終的にはクリスチャンホノウンすべてが見守る中、全裸赤ずきん一枚で登場してプールに飛び込んだ。

「私の言った言葉を守る人だ。屋上にプールがあったエネルギーステーションに戻ってきた。その時、すでに世界中報道陣がそこにあった。デビッドは、私の “男の部分」を守るためにマントを親切に貸した。だから、実行することができた”

クリスチャンホーナー日のモンテカルロで重要な教訓を学んだ。

「再びクールサドグァブランドルと賭けをしていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル

READ  ルノーF1チームに最後のレース。 RS25でアロンソがデモ走行/ 2020年の最終戦F1アブダビGP[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close