スポーツ

レッドブルF1の代表 “ホンダのF1エンジン持続のための対話は、建設的な”[F1-Gate.com]

レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーがF1エンジンの凍結を置いて、ライバルチームとFIAと「建設的な」調整が行われており、2021年以降も、ホンダのF1エンジンを継続希望は高まって言う。

ホンダが2021年のシーズンの最後にF1から撤退することを決定することにより、レッドブル・レーシングとアルファ他私たち両チームは2022年以降のエンジンソリューションを見つけるという緊急事態に陥った。

理論的にはルノーとの供給契約を結ぶことは可能だが、火は、他の作業チームではなく、自分のシャーシに合わせて設計されたエンジンを搭載することを望んで、ホンダのF1エンジンプログラムを引き続き自社開発を継続することを希望している。

しかし、牛は、現在の複雑なF1パワーユニットでベンツ、フェラーリ、ルノーと開発戦争に参加するために資源がないのでFIAによって開発凍結が実施された場合にのみ限定される。

メルセデスはF1エンジン凍結 “一生懸命アイデア」と支持していたが、当初フェラーリとルノーは反対した。 しかし、新しいF1エンジン規定の導入を2025年に1年前倒しが議論されている中で、両チームの姿勢は変わっている。

しかし、競争相手の性能にかなりの違いがある場合に、開発を可能にする「セーフティネット」の状況を導入するかどうかはまだ決定していなかった。

「ホンダとFIAとの建設的な対話が行われており、結論にアクセスしていると思う」とクリスチャンホーナーた。

「FIAは、他のチームと協議している。凍結に関しては調整があると思う。ただし、エンジンメーカーがシーズンごとに低い安全網が必要なものになるだろうか?そうでなければ、3年間の実績を固定されてしまうことになるだろう。かなりのダメージを与えることになる」

ホンダF1はレッドブルが動力装置を継続使用を可能にするという考えを受け入れているが、構成要素の製造がミルトンケインジュグァ日本の間に分割されているので、合意を見つけるのは容易ではないことを認めている。

ホンダF1のテクニカルディレクターである田辺豊治 “ミルトンケインズから主にERSシステムの領域を開発し、製造の主要なICE(内燃機関)は、日本の桜の研究所で開発されています」とコメント。

「特にホンダF1は非常に複雑な状況である。議論は、現在進行中です。まだ結論が出なかったので、プロジェクトのすべての状況を検討しています “

ルノーはエンジンコンバージェンス(パフォーマンスチューニング)の考えに反対していることが知られているが、フェラーリF1チームの代表であるマティア非ノトトは最近F1チームは、後で焦って対応を決定するのではなく、今、この問題について議論することが重要であるとと述べた。

「今それを考えたほうがいいと思う」とマティア非ノトトた。

“唯一の状況を待って、その場で狂った議論をするのではなく、事前に考えたい。だから、凍結することにより、そのようなシナリオを検討し、それは確かに準備することは非常に責任ある行動だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1

READ  マレーシアLee Zii Jia、今年イングランドオープン優勝

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close