スポーツ

レッドブルF1の代表 “2022年のエンジンを最終的に決定するのはマテシトチュ”[F1-Gate.com]

レッドブルF1の経営陣は、年末までに2022に搭載するF1エンジンソリューションの所有者であるエディットリッヒ・マテシトチュに「明快さ」を求めている。

先週の金曜日、ホンダは2021年のシーズンの最後にF1から撤退すると発表。 レッドブルレーシングとアルファ乗っ我々の新しいF1エンジンサプライヤーを見つけるなくなった。

メルセデスとフェラーリは現実的な選択ではないと考えられ、牛の唯一の動きは、必要に応じて、ルノー、他のチームを供給することを要求する規制に依存することになる可能性がある。

レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホノウンルノーとの再会は、悪いニュースではないかもしれない ServusTV と述べた。

「私たちが分裂後のルノーは変わった」とクリスチャンホーナー言う。

「新しいCEOは、新鮮な空気と変化をもたらした。彼らは前進している」

フォルクスワーゲングループは、特にポルシェは牛の新しいサプライヤーになるかもしれないという噂がある。

しかし、クリスチャン・ホーナー、それを疑っている。

「現在の規定を遵守するための新しい企業の設立費用は、単に高すぎる」とクリスチャンホーナーた。

「したがって、新しいエンジン(おそらく2026年)が市場に出るまで、新しい企業は存在しないこと」

「FIAとリバティメディアはそれを管理する必要がある。彼らはたら良い仕事をした。今、私たちは、認定されたエンジン、それ電源装置のための予算の上限も必要だ」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

クリスチャン・ホーナーとモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士チームの所有者のディートリッヒマテシトチュとうため、オーストリアにいた噂がある。

火ホンダエンジンの知的財産権を買収ミルトンキーンを拠点とする無限が参加、ホンダが開発しているエンジンを「無限」ブランドに変更して搭載することを検討しているとも報道することができる。

「年末までに明確にする必要がある」とクリスチャンホーナー主張する。

「当然、私達は選択をオープンに維持している。私たちは、今後数年の間にメルセデスに挑戦することができる十分なエンジンを持っていることが明らかに重要である。

「もちろん、最終的にどのように進行させるかを決定することはマテシトチュである “

ヘルムート・マルコは、ルノーF1エンジンを搭載することで妥協がされるが、開発が凍結されているが、ホンダのF1エンジンを継承し、開発するのは難しいことだと言う。

「少なくともエンジンを使用することができていることは事実である。だが、それだけでエンジンを得るだけである。ルノーを走らせて得た場合、彼らは自分のニーズに合わせて生産したエンジンを得ることになる。そのシャシーテーラーメイドある。それは、私たちに妥協することがある “

「問題は、2022年に開始することになるだろう。我々はすぐに、バイオ燃料をエンジンに変換する必要がある。我々は、この技術がどのような合併症を知っている。彼らは、私たちが重要視しなければならない要因である ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル

READ  フェルースタトペᆫ「チームがアル本を再任したり、私は気にしない」/レッドブルホンダF1[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close