スポーツ

レッドブルF1サステナビリティ推進プロジェクト」NO BULL」を発表[F1-Gate.com]

レッドブルレーシングは、新しいプロジェクト “NO BULL」を掲げ、持続推進とカーボンニュートラルの達成に従事するためには、ゴールドスタンダードと提携すると発表した。

「NO BULL」プロジェクトとは?
レッドブルレーシングのサステナビリティ推進プロジェクト」NO BULL /ノーブル」は、チームに高い目標を設定・達成すると同時に、その過程で、世界に問題提起することを目的に設定されている。

したがって通過する道明らかであり、CO2排出と廃棄物を削減し、効率を高めるが、レッドブルレーシングは、これに慣れているとは限らないで、簡単に目標を達成することができない。

世界各国が気候目標の達成に苦しんでいるかどうかを知らせるすべてのTV番組が離陸飛行機や渋滞アイドリング自動車などをイメージ映像で使用するように見えるが、このような映像は、エンターテイメントの名前で世界を飛行機で飛んで、高速マシンを競い合わされることを事業の核とするF1産業の印象を悪くしている。

しかし、持続可能性とF1は相反する関係ではない。

F1は、科学に深く根産業が産業のすべての領域は、データの分析と効率の追求にフォーカスしている。 世界最高水準の技術の知恵を活用しているF1は軽量素材をいち早く実用化、世界で最も効率的なエンジンを採用している。 OEMの努力でF1のCO2総排出量のハイブリッド動力装置のCO2排出量を占めているのは、わずか2%である。

しかし、逆に言えば、コンピュータがサーキットで排出するCO2排出量は、「総量のわずか一部」である。 レッドブルレーシングは、二酸化炭素排出量の主な原因を判別する必要があった。

ゴールドスタンダードとの連携がもたらすもの
今までレッドブルレーシングは、持続可能性の比較的沈黙を守っていたが、これには正当な理由がある。 企業の環境活動は、リップサービスより行動だ。 そしてレッドブルレーシングは、具体的な行動計画を準備していた。

2018年レッドブルレーシングは、その二酸化炭素排出量の研究を外部機関に委託。 明確かつ具体的な戦略を用意するためにCO2排出量を最も効率的に削減することができる分野を探してほしいとした。
研究では、アストンマーチンレッドブルレーシングは2019年に約17,000tのCO2を排出していることが明らかになった。 内訳は以下の通りです。

ファクトリー:48%
・モバイル:37%
輸送:8%
レース:7%

2020シーズンの2021シーズンF1カレンダーに変更がレッドブルレーシングが目標CO2排出量の全体的な目標に直接的な影響を与えているが、レッドブルレーシング2020シーズンネットゼロカーボンニュートラルを達成2021シーズンにはCO2排出を5,000t削減し、さらにゴールドスタンダードとのパートナーシップを通じて、現在避けられないCO2排出の責任あるオフセットを実現するという大きな目標を設定している。

レッドブルレーシングのCO2排出量の約半分は、レース活動によって必然的に発生しているため、チームはF1が長期展開している「Countdown To Zero /カウントダウン・トゥ・ゼロ」キャンペーンに全面協力しているが、同時にレッド・ブルーレーシングとしてCO2排出量削減に正面から取り組む方法を見つける必要があった。

責任あるカーボンオフセットは、短期の実現を期待することができますので、今回のレッドブルレーシングは、ゴールドスタンダードとのパートナーシップを締結した。 カーボンオフセット市場がグレーゾーンであることは広く知られており、旧気候に肯定的な影響を与えていない炭素排出権も存在するが、「価値あるものには、全力で取り組む」がレッドブルレーシングポリシーであるため、チームは独自に調査を進行、業界最高のパートナーに選んだ。

2003年に設立されたゴールドスタンダードは、企業の活動範囲を超えたCO2排出量を削減するだけでなく、貧困解消やクリーンエネルギーと水へのアクセス、自然生態系の保護など、世界中の持続可能な管理の推進の大きな障害になっているいくつかの領域に足を踏み入れた活動も展開している。

レッドブルレーシングは、ゴールドスタンダードと協力して、現在避けられない工数・道路や製造工程などの分野で責任あるカーボンオフセットに努力する。 レッドブルレーシングは、CO2排出量のさらなる削減に向けて取り組むと同時に改善することができるすべての領域の特定と監視を続けますが、このような言い訳するつもりはない。

現在避けられないCO2排出量削減に着手し始めたレッドブルレーシングは、工場が排出している」48%」に注目しており、現在ミルトンケインズのチームの工場と社内に設置された「NO BULL “委員会が熱心に努力しています。

CO2排出量削減を目指しレッドブルレーシングの取り組み
・電力会社をGreen Energyに切り替え2020年10月以降、工場内全体の電力を再生可能資源に転換
・埋立規定に基づいて製造さ廃棄物ゼロ化
工場内にスマートハウス技術の導入、古い建物を改築
製造時の廃熱を工場の暖房に再利用
・徒歩・自転車・カーシェア通勤を奨励
工場やトラックサイドで使い捨てのプラスチックの使用量を大幅に削減することができます。 パンデミックの影響で一時的にPPEや食品包装が避けられないされているので、進行速度は低下しているが、プラスチック廃棄物のゼロ化を目指す。

アストンマーチンレッドブルレーシングチーム校長を務めているクリスチャンホーナーは、次のように語った。

「私たちは、F1が掲げる「Countdown to Zero」キャンペーンを全面的に支持しており、チーム全員が環境に与える影響を最小限に抑える役割を担っている。 「NO BULL」という単刀直入なプロジェクトを開始前から、私たちは一つのチームとして、時間をかけながら、研究を進めてきた企業に直面する課題を含む当社のすべての活動の物語を理解させるために、我々はカーボンフットプリントに関するすべての隠さ公開する予定である。 ゴールドスタンダードとの連携は、将来に向けた私たちの新しい企業戦略とマインドセットの一部であり、レースのような情熱的に努力する」

ゴールドスタンダードのCEOであるマーガレット・キム氏は、今回の提携について次のように言及した。

「21世紀の半ばまでにCO2排出ネットゼロに到達するためには、すべての企業が早急に脱化石燃料への取り組みを開始することが急務です。航空業界と自動車業界の取り組みがより困難になる産業、特にです。その気候に影響を評価・公開して削減計画を策定して残存するCO2排出の責任を持つというアストンマーティンレッドブルレーシングの約束を私たちは支持します “

今回の提携は、レッドブルレーシングの今後の課題と成功に “NO BULL」の概念を反映させていくという大きなストーリーの始まりに過ぎない。

レース現場と工場の両方でレッドブルレーシングのパートナーゲスト、ファンオフセットの機会を提供する予定であるため、どのチームに関連するすべての人がゴールドスタンダードが認証するプロジェクトを選択し、カーボンニュートラルで進行される。

持続可能性の実現のために可能なものと、実際に行うことができることがまだ多く存在する。 持続可能性の実現は、マインドセットとエンジニアリングの課題が含まれている無限の約束であるが、これらの課題は、F1が最も得意としているのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1

READ  ホンダF1特集:バーレーン外周プロセスのための準備/ F1社ヒールGP[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close