スポーツ

レッドブルF1ホンダと今後のスーパーフォーミュラに参加にも影響[F1-Gate.com]

レッドブルが2022年以降も、ホンダのF1エンジンを使用するかどうかは、日本のスーパーフォーミュラに参加にも影響をモータースポーツアドバイザー、ヘルムート・マルコは示唆している。

正式にホンダは2021年のシーズン末でF1から完全に撤退することになっている。 火ホンダのF1エンジンの知的財産権と運営を継続するためのアイデアを推進しているが、ライバルのフェラーリとルノーF1エンジンの開発 “凍結”に反対している。

しかし、そこには妥協があり、F1エンジンの開発の期限を2021年末までではなく、2022年初頭まで増やすことで、バイオ燃料とシーズン中の2回の更新を可能にすることで、フェラーリとルノーと利用規約に来ても報道されている。

これまでレッドブルF1経営陣とホンダとの会話は続いており、実際にはホンダが2021年以降もレッドブルF1プログラムをサポートし続けることができるという新たな推測が飛び交っている。

レッドブルF1モータースポーツアドバイザーを務めヘルムート・マルコは、今回の日本訪問、ホンダF1と2022年以降の連携について議論する。自動車のモータースポーツ によると、HRD SakuraホンダのF1エンジンの知的財産権脱臭、またメンテナンスt前nホンダの従業員のレッドブルに出向または転籍についても議論されるという。

そして議論はF1だけでなく、今後のスーパーフォーミュラに参加なども含まれる。

レッドブルスーパーフォーミュラをジュニアドライバー育成の場として活用する。 レッドブルのカラーに描かれたTEAM MUGENでピエールオクラホマ州に開始F1の可能性があるドライバを複数送ってきた。 今季もガラスブウィプピースを送る予定だったが、新型コロナウイルスの影響でガラスヴィス参戦を保留になっている。

また、ガラスヴィパンプスすでにF1スーパーライセンスを保有しており、次のシーズンはF2に参戦。 他のレッドブル・ジュニアであるジョン・エドガーとジャック・クロフォードは、FIA-F3に参戦が決定して、来シーズンのスーパーフォーミュラに参加不透明になっている。

ヘルムート・マルコは、今週ホンダとの議論の中で、角田裕毅の未来、そしてレッドブルにスーパーフォーミュラとスーパーGTに関与についても議論検索します。

「しかし、もちろんフォーミュラ1が絶対的な優先順位」とヘルムート・マルコは クロネン新聞 と述べた。

「まだ正式何もない。しかし、交渉は行われており、妥協点に達することができるようだ “

「動きがあり、否定的なことは何もない。カップに水が半島入っていると把握したり、半分しか入っていないことを把握するかである。しかし、良い方向に向かっ見える傾向がある。それは、私が推測している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / スーパーフォーミュラ

READ  オリンピック:ケニア、日本の久留米でオリンピック前のトレーニングキャンプが再起動されると、スポーツニュースと主なニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close