sport

レッドブルF1代表 “1ストップのレースがF1を退屈している”[F1-Gate.com]

レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーが1ストップのレースがF1を退屈させているルイス・ハミルトンの意見に同調している。

先週末のF1ベルギーのGPは、予報された「スパウェザー “もなく、ルイス・ハミルトンが、最初から最後までレースをリードするF1スペインのGPのような光景が見えた。

特にレース終盤には上位のチームがF1英国GPでパンクを繰り返さないようにタイヤを管理して、トラックを回っているだけだった。

優勝したルイス・ハミルトンは、「見ている人に最もエキサイティングなレースではなかったと思う。私はファンとして、今日の試合を見ていると、ハイライトのみ注目していなかっただろう」とコメント。

ルイス・ハミルトンは、2022年の大幅な規制の変更」先行機に従うことができ、より接戦がある他の形態のレース」をもたらすものと期待していると述べた。

F1スペインのGPを3位で終えレッドブルホンダマックスフェルースタトペᆫもレース後、「退屈」「楽しいなかった」と語っており、チーム代表クリスチャン・ホーナーは、この問題について検討した。

「1ストップレースは常に退屈だと思う。2〜3ストップのレースが必要である。それは順位をかき回し戦略を打つ」とクリスチャン・ホーナーコメント。

「1ストップのレースでは常にドライバーがタイヤを節約するために動いていることを報告している。それは非常に難しいと思います」

「コンピュータ間で間隔を作り出すためには、より戦略の多様性が必要だと考えている。レースで採用することができる戦略の量を増加したが、私たちが最も必要がある最も基本的なもの」

「ベルギーではかなり多くのドライバーが1ワンストップ戦略を採用することを選択したが、それは興味深いグランプリを作り出すことは決してないだろう」

しかし、F1レースディレクターのマイケル・マシンは、必ず1ストップこの問題の原因であると確信していない。

「興味深いワンストップレースを見たことがあると思うので、1ストップレースと退屈なレースを結ぶのは少し難しいと思う」とマイケルマシンは言った。

「退屈な2ストップのレースもあり、エキサイティングな2ストップのレースもあった。その観点からサポートしている気がしないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1

READ  大谷2回DH /マリナーズ - エンゼルス戦速報中 - MLBライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close