エンターテインメント

レトロジャパン:北海道の熱烈な防波堤を通じて古代ローマに戻ります。

WAKKANAI、北海道 – 日本北部のこの都市にある427メートルの長さの防波堤の全面的な唐草と湾曲した天井の組み合わせは、人々に古代ローマのアーケードを連想させます。



北海道稚内の稚内港北防波堤ドームのひどく破損したコンクリート部​​分の保守作業が進められている。 作業は2022年2月まで続く予定です。 (Mainichi/Taichi Kaizuka)

訪れた時、稚内港北防波堤ドームの美しさに圧倒されました。 巨大な構造物の建設は1931年に始まり、完了するのに5年かかりました。 それは、波と海の水差しを道路とカラフト島(現在のロシアのサハリン)に向かう路線を運行する旅客船の停泊地につながる鉄道から離れるように建てられました。

70本の柱が6m間隔で配置され、半アーチ型構造は高さ13.6mです。 起源を説明する碑石には「古代ローマ式回廊を思わせる独特の外観のため、しばしば「ドーム」と呼ぶ。世界で唯一の建築物」と書かれている。 設計は当時26歳だった土木騎士土屋みのる。

このサイトは観光客や映画制作陣がよく訪れる場所ですが、早朝の散歩をする地元の人もいます。

稚内沖のリシリ島とレブン島に向かうとき、笛の音とともに静けさを破るフェリーは、私が港にいることを再び思い出させました。

(日本語オリジナル:太一海塚、北海道写真グループ)



北海道稚内市にある稚内港北防波堤ドームの外から熱州を乗せたアーチが見えます。 (毎日/海塚太一)

* * *

この記事の日本語版はもともと2021年9月5日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の素晴らしい建築物と過去の秘密を探る。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。



写真で見るレトロジャパン:古代ローマを連想させる北海道のアーチ型防波堤

READ  NTT Solmare:400万ダウンロード以上、私に従いなさい! アニメーションを取得します! | 事業

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close