トップニュース

レトロジャパン:多くのチャンネルがなくなりましたが、戦争前の東京水門はまだ機能しています。

TOKYO – 1931年に日本の首都に建設された水門は、水路の多くが消えたにもかかわらず機能し続けています。





2022年7月20日、東京大田区にある六甲水門は川崎側から多摩川の向かいにあります。 (Mainichi / Osamu Sukagawa)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

六甲水門は東京大田区の河口から約4km上流にある玉川川の左岸にあります。

六甲灌漑水路は江戸時代(1603-1867)に玉川川の水を取水するために建設されました。 しかし、地域が都市化され、住宅廃水が増加するにつれて、多くの雨が降ると、運河は堤防を繰り返し氾濫しました。 川が膨らむと大田区から水路に水が流れ込む場合があり、その地域の水を排水して川の水が入るのを防ぐために水門が必要になりました。





1943年に運河の水を排水するために建設された羊水場(右側)が、2022年7月20日東京大田区の六甲水門の横から見えます。 (Mainichi / Osamu Sukagawa)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

誰が六甲水門を設計したのかは不明ですが、当時内務省の玉川開川実装だった金森重行が発明した金森型レンガが施設に使われていました。 鋼鉄補強レンガで作られた構造物は地震に対する抵抗力が高いです。 川の右堤防上流約1kmには、金森が設計し、1928年に川崎市川崎区に建設された川崎香港水門があり、この構造物にも同じレンガが使われました。 これら2つの水門は、多摩川を改善するための国家プロジェクトの一環として建設されました。

六甲灌漑運河の多くは埋立地やコンジットになって失われました。 しかし、六甲水門は、堤防の後ろの船着場と玉川川を結ぶなど変わりません。

(日本語オリジナル: Osamu Sukagawa, Photo Group)





2022年7月17日東京大田区堤防区と玉川を結ぶ六国水門回廊の両側に、金森型の強化レンガ壁が見えます。 (Mainichi / Osamu Sukagawa)=クリック/タブより多くの画像のための写真。

* * *

この記事の日本語版はもともと2022年8月14日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の素晴らしい建築物と過去の秘密を探求します。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。

READ  2022年日本

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close