トップニュース

レトロジャパン:明治時代から光を放つ下関灯台

下関、山口 – この南西部の日本都市にある津島灯台は、「日本灯台の父」として知られる英国エンジニア、リチャード・ヘンリー・ブルトンの参加で、初期の明治時代(1868-1912)に建設された日本の多くの灯台の一つです。



津野島灯台の花崗岩の外観が2020年7月30日、山口県下関で見られます。 (Mainichi / Osamu Sukagawa)=もっと画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

山口県下関市にある灯台は1876年に初めて建てられ、今日でも広い海を横切って輝くマイルストーンとして機能しています。 低地に建てられたため、当時は珍しい高層タワーで建てられ、高さは約30メートルに達しました。 タワーは最大約24mの高さの石でできており、花崗岩を使用して柔らかい外観を作成することが特徴です。 日本全土で塗られていない灯台はたった二つだけです。

光が役割を果たして遠くまで移動するのは、259センチメートルの8面フレネルレンズです。 この一次レンズはイギリスから輸入されており、現在は英国で最も長く機能する一次レンズです。

灯台地の宿舎とその隣に建てられた保管施設が残っており、レンガになった宿舎は現在博物館として使われている。 灯台の内部は一般に公開され、105階段のらせん状階段を登れば灯台を囲む美しい海岸線を鑑賞することができる。

(九州写真部スカガワオサム日本語オリジナル)



2020年7月29日、山口県下関にある津野島灯台で、1874年にイギリスで製造された8面フレネルレンズが見えます。 (Mainichi / Osamu Sukagawa)=もっと画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

* * *

この記事の日本語版はもともと2020年8月30日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の素晴らしい建築物と過去の秘密を探る。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。

READ  東京都新型コロナ218人の感染を確認し、200人以上は2日連続で - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close