トップニュース

レトロジャパン:星を探検した東京の木造ドーム旧展望台

三鷹、東京 – 日本国立天文台(NAOJ)本部の広大な緑のキャンパスにある2階鉄筋コンクリート構造物の中に、日本最大規模の肺屈折望遠鏡があります。



2020年10月14日東京三鷹で数え切れないほどの小さな部品を持つ巨大な望遠鏡が見えます。 観察中、左上にカメラを取り付けた。 (Mainichi / Akihiro Ogomori)=もっと画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

東京郊外三鷹市NAOJ本部旧赤道室にある望遠鏡は、目標物を定める直径65㎝の案内望遠鏡と長さ11mの望遠鏡管、柱をなす柱の横に設置されている。 高さ約5mの測定に取り付けられます。

1926年に赤道室の鋳骨が完成し、1929年にドームと望遠鏡が完工し、現在の姿を整えるようになった。 木造ドームは造船所の技術支援を受け、日本の有形文化財として登録された珍しい建築物です。

1998年に部屋の研究と観察が終了した。 2001年には、展望台の歴史を説明するパネルやその他の資料がある展望台歴史博物館に改装されました。 望遠鏡などの機器は動作しなくなりました。

NAOJによると、日本の人々が定期的に星を観察し始めたのは、江戸時代(1603-1867)の終わりからでした。 それ以来、星が輝く空を越えていることに対する彼らの関心は、時代が変わっても止まらない。

(日本語のオリジナル:Akihiro Ogomori、Photo and Video Center)



2020年10月14日、東京三鷹で美しい円形の古い赤道の部屋が見えます。 (Mainichi / Akihiro Ogomori)=もっと画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

* * *

この記事の日本語版はもともと2020年11月1日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の素晴らしい建築物と過去の秘密を探る。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。



写真で見るレトロな日本:円形の美しさを示す東京郊外の赤道部屋

READ  日本のブランドの自動車会社、米国の労働力の将来への投資

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close