レトロジャパン:高財閥の大物が東京の近くに住んでいる場所で、材料への彼の情熱を垣間見ることができます。

1 min read

川口、埼玉 – 日本東部の都市にある古味噌と木材事業の大物の住居は、壁用木材から特別に作られたレンガまで、材料への彼の愛を示しています。





2021年1月22日埼玉県川口市区田中家の住宅の西洋式建物正門から見える接見室。 (毎日/小五森明広)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

前方に伸びていく複雑な国道とは対照的に、東京のすぐ北にある埼玉県川口市には雰囲気のある建物が静かに立っています。 この遺跡は、市内で最初に国の重要文化財に指定された旧田中家家です。

味噌製造業者、木材商人で富を築いた田中家4大田中徳 베이(1875~1947)が宿泊施設として建てたこの住宅は、主にレンガ3階の洋式建物で構成されているそうです。 1923年に完成し、部分的に2階建ての木造和風建物が1934年に増築されました。

少数のゲストのためのレセプションルームは建物の正面玄関の隣にあります。 ウェインスコートに杉の板を使用し、豪華でありながら快適な雰囲気を演出します。 応接室を過ぎると和風の建物が出ます。 正面からみると、仏団室、第2室、メイン畳の部屋が続き、和風と洋食が混ざった洋食美を見せてくれます。 記者が訪れたある冬の日、庭園に面した窓には暖かい日差しがいっぱい入っていました。

この和風の建物は、4大田中が貴族の議員として在職していた時期に多くのゲストを収容するために増築されたようです。 田中の情熱で建てられたこの邸宅は、当時最高の木材と建築現場の近くで職人に指示したレンガを使って、過去の姿をまだ維持しています。

(日本語オリジナル:小五森明広、写真&ビデオセンター)





2021年1月22日埼玉県川口市初の国家重要文化財である旧田中家住宅が見えます。 (毎日/小五森明広)=より多くの画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

* * *

この記事の日本語版はもともと2021年2月14日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の建築的驚異と過去の秘密を探る。 ここでもっとRetro Japanの記事を読んでください。





写真で見るレトロ日本:埼玉県田中家の旧居住地

READ  「Go To旅 "飛行機バス予約急増旅行の注意点は? | 新型コロナウイルス
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours