スポーツ

レブロン・ジェームズドワイト・ハワードが大変レイカーズが突っ張るナゲッツを振り切って決勝進出に将軍 – バスケットカウント| Basket Count

先発起用のハワード、ヨキッチを抑制顕著の歴史

西カンファレンスファイナルレイカーズvsナゲッツ。 まず、両方の勝ったレイカーズと一つ取り戻したナゲッツの4戦は再び口論。 それでもナゲッツの忍耐に苦しみながらもリードを守ったレイカーズが114-108で勝利した。

レイカーズはそのベールマギーの代わりにドワイト・ハワードを選抜起用。 過去3試合でニコラ・ヨキッチフェイスガードについて不満を与える職務で結果を出してきたハワードはヨキッチを削るのではなく、良い位置に入れることなくシュートチャンスを与えない安定した守備を披露。 また、リバウンドヨキッチ以上のボールにもこだわりを見せ、攻撃リバウンドをスライドさせてセカンドチャンスポイントでレイカーズにリードをもたらした。

アンソニー・デイビスがミドルレンジからのジャンプシュートを次々と決め、これまで劣勢だった秒単位もカイルくず村筆頭に良いプレーを見せレイカーズが先行するが、言葉も10点内外のビハインドゥウル背負いながら粘りを見せてくれる。 ヨキッチが難しいマークに苦しみながら無理装置なしの助けを狙って、チームの攻撃を走ってもう一人のエースであるジャマルマレー効率的にボールを集めて反撃。 そのマレーはレブロン・ジェームズをゴール下でかわすダブルクラッチなど、強烈なプレイを連発して、チームを盛り立てた。

後半になってもレイカーズが先行ナゲッツが食べつく構図は変わらず。 4クォーターに入ってヨキッチがリバウンドの戦いでまたデイビスのシュートを防ぐ行っ連続ファウルを持ってベンチに下がるがレイカーズはデイビスが足首を痛めてしまい、本来の力を出すことができない。 ヨキッチ部材の数分を我慢した言葉も、他のファウルができないヨキッチをコートに戻って反撃の力を強化し、1ポゼッション差で近づいてきた。

ただし、この勝負でレブロン違いが見られる。 マレーのドライブを2つの連続で止め転換に搬入は確かに得点を上げていく。 このレブロンの作用で、残りの2分の109-102のリードを7点に増加させると、ラジョンロンドとレブロンが落ち着いて時計を進行した。 結果、第1クオーター途中で常に首位を守ったレイカーズが3勝目を挙げている。

アンソニー・デイビスは、足首を痛め、後半に墜落したが、34得点を記録した。 また、マレー守備で格の違いを見せたレブロンは26得点、9リバウンド8アシストのトリプルダブル級スタッドを残した。 一方、言葉もマレーが32得点を挙げたのに対し、ヨキッチが16得点行進した。 ハワードの選抜起用が良く合った。

今レイカーズはNBAファイナル進出に将軍をかけた。 しかし、言葉はここまで1勝3敗の逆境を破ってきたチーム。 この試合がそうであったように、最後の瞬間まで目を離すことができないゲームになりそうだ。

READ  ファンデミクオリンピックは、暑さを耐えて、今台風がかった中| ニュース、スポーツ、採用情報

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close