スポーツ

レブロン・ジェームズマレーのマークを申請して勝利をドラッグ」どのような結果が出ても受け入れようと ” – バスケットカウント| Basket Count

敗れた3戦で6個を記録したターンオーバーはゼロ

レイカーズvsナゲッツの4戦は終盤にさしかかっていた。 ビハインドを背負いながら粘りにくっつく言葉ニコラヨキッチがファウルトラブルがも速度を落とさずに、徐々に点差を減らしていた。 レイカーズはリードを維持していたが、攻守の核心であるアンソニー・デイビスが、足首を痛めて倒れプレーを続けたが振るわなかった。

言葉もジャマールマレーがピークにひどいマークを受けながらもタフショットを台無しに続けた。 終盤の時間を持って時レブロンジェームズマレーのマークにつく出た。 コーチフランクフォーゲルは言う。 「彼からそう言ってきた。私はについては何もなかった。レブロンがマークにつくまでマレーの勢いは何をしても止めることができなかった」

マレーの強みは、バランス感覚の良さ。 ゴール下での圧力を受けて、体が流れてもシュートを打つ指先が揺らぐことなく決定切る力がある。 レブロンファウルにならないように注意しながら激しく寄せ、そのシュートを落とした。 レブロンはマレーとマッチアップして、最初のシュートを除外そのまま速攻で変化しスコアを奪う。 その直後にモンテモリスが巻き後モリスにそびえにわたってバスケットカウントをもぎ取るが、次の3分半で言葉のフィールドゴールを一つも入れなかった。

レブロンマレー停止することにより、ナゲッツの攻撃は乱れ。 それレイカーズが面倒を抑制するカギになった。

「勝負だと分かっていた。彼は特別な才能を持っている様々なシュートを打つ3点シュート、ミッドレンジ、塗料のどこにいても脅威である。しかし、自分の防御能力、映像を見て学んだスタッフを信頼しており、どのような結果が出も受け入れようとした。同僚はマレーは私膜と自分の位置に留まると伝えた。何度防ぐことができるし、その上にリバウンドを取れたのが大きかった」とレブロン振り返る。

第3戦で敗れたが、リバウンドとターンオーバーが発生します。 6ターンオーバーと自分が敗因なってしまったレブロンこの試合で8アシストを記録した一方、ターンオーバーは無し。 「ボールをできるだけ早く動かしオープンシュートを打つことができるようにしたい。当然、ターンオーバーをしないことが最も重要である」と、自分のプレーを振り返る。

リバウンドに奮闘したのは、先発に抜擢されたドワイト・ハワードある。 「全盛期のドワイトだった」とレブロンは賞賛する。 「私たちがシュートをミスしたときのリバウンドに熱心にペイントに制圧してくれた。 存在感が大きかったよ」

何よりも、言葉も1勝3敗でジャズとクリッパーズを下しカンファレンスファイナルまで上がってきたチームだ。 ジャズもクリッパーズも油断していたわけではないとしても、一度勢いが上がった言葉止めることができなかった。 しかし、レブロンは、次の第5戦でシリーズを終了考えだ。

「能力を発揮する。計画を組んで48分の練習である。だから、勝つ」そう言い残しレブロン会見を終えた。

READ  解説:オリンピックシャッフル、新しい指導者、スポーツニュース、主要ニュースに対する日本の逃した目標を強調

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close