技術

レベル4無人車両を道路に配置するための改正案

警察庁は、先端無人自動車が公共道路でいつ、どのように運行できるかに関する法的条件を設けた。

12月23日に発表されたNPAの道路交通法改正案は、自律走行技術の5段階スケールでレベル4自動車の運行を許可することになる。

改正案は17日に開かれる定期国会に詳細内容を検討した後、提出する予定だ。

政府は、無人輸送サービスにバスやその他の乗客輸送車両を使用する計画です。

NPAドラフトによると、これらのサービスの運営者は車両を遠隔監視し、事故が発生した場合は直ちに人員を現場に派遣する必要があります。

政府は2022年度に限られた地域でレベル4車両を運行し、2025年度まで40以上、2030年までに100以上に位置を増やす計画です。

レベル4のトラックは、早ければ2025年に高速道路で運行されると予想されます。

無人車両は、福井県永平市のピックアップ場所の近くの建物で遠隔監視されます。 (上山順一)

無人輸送サービスは、緊急時の人が直接介入する必要があるレベル3の車両を使用して日本全土にすでに導入されています。

福井県永平指定は去る3月末から週末と祝日週間に20分間隔で自律走行電気自動車を運行し始めた。

EVは観光客や高齢者を含め、4~6人の乗客を乗せることができ、10分、2kmの経路に沿って最大時速12kmです。

従業員が車両に始動すると、自動化システムが作業を継続します。

車の本体にはセンサーとカメラがあり、周囲の歩行者が検出されたら警告を送って速度を下げます。

従業員が近くのオフィスに常駐し、回転する3台のEVを監視します。 詩人の介入が必要な緊急事態はなかったと述べた。

2022年度末まで電気自動車の自律走行水準を4に高め、緊急状況にも人材なしで対処する予定だ。

旅客が減少する人口密集地域では運転手を雇うのが難しく、自律走行技術に対する期待が大きい。

自治体の政策企画部門の上級管理職、山村楓氏は、「人員削減は公共交通機関の維持に不可欠である」と述べた。 「自律走行技術を活用して人々の移動手段を支援します」

(この記事はJunichi KamiyamaとNaoyuki Fukudaによって書かれました。)

READ  WatchOS 7.4:Apple Watchに追加される新機能

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close