スポーツ

レンジャーズRHP有原、日本でメジャー進出を開始| スポーツ

特にAriharaはレンジャーズがメジャーリーグの打者に対して自分のハイ・ファストボールをもっと利用することができていると思うと述べた。

「本当に興味深かったです。」Ariharaが言いました。 「彼らは指摘した仕事をすることができれば選手として成長し、より高いレベルでプレーすることができるだろうと思いました。」

レンジャーズはAriharaの120万ドルの発行費用を支払っています。 最初$ 600,000は先月に支払わなければならず、2021年12月26日までに$ 300,000をより支払って2022年6月26日までに$ 300,000をさらに支払う必要があります。

Ariharaは2021年に360万ドル、2022年に260万ドルを受けて、毎年50,000ドルの成果ボーナスを受け取ることができます。

2015年パ・リーグ、今年の新人は大流行が短縮された2020シーズン中、北海道の20先発出場で3.46の防御率で8勝9敗を記録した。

有原がパ・リーグで3試合を完結し、1位を記録し、平均132 2/3にイニング2位に上がった、平均自責2.46で2位を記録し首位共同15勝を記録した。

「彼はメジャーリーグで投げられたことがないので、学習曲線があるでしょう。」マネージャーChris Woodwardが言いました。 「しかし、我々は彼のものと彼のメイクや過去の彼の能力で、一種の変化を作成し、その場で調整する能力、時には他の人よりも大きな変化を経験して、日本で自分を非常に成功したと感じています。」

READ  巨人岡本3年連続30発、先人を超えると成長せよ十分 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close