スポーツ

レーシングルイビル、8月に再び女子カップを開催 – JWS

第1回国際女性カップ選手権で劇的な方法で優勝した後、Racing Louisville FCは もう一度ホストプレイ 今回の8月大会で

今年のトーナメントには、昨年Lynn Family Stadiumで競った4チームから6チームが参加します。

大会会長兼CEOのJPレイナルは声明を通じて「2022年女子カップ大会は前大会よりも大きく、より良い大会になるだろう」と話した。 「このイベントは引き続き女性サッカーファンに、NWSLがイギリス、日本、メキシコ、スペインなどの国々の強力なチームとどのように対戦するかを見る機会を提供します」

昨年、FCバイエルン・ミュンヘンとパリ・サンジェルマンがケンタッキーを訪れました。 今年は、ヨーロッパで2つ、アジアで1つ、ラテンアメリカで1つなど、少なくとも4つの国際クラブがトーナメントに参加します。 Racing LouisvilleとOL ReignはNWSLを代表しています。

Liga MX FemenilのClub Américaはラテンアメリカを代表し、WE Leagueの日本テレビ東京Verdy Belezaは日本に加わります。 ヨーロッパとスペインで2人の参加者が今春後半に発表される予定です。

Racingの臨時会長のJames O’Connorは、「昨年のトーナメントの成功に基づいて構築することができてとても嬉しいです。 「私たちのサポーターは、バイエルンとPSGの世界最大のクラブで素晴らしい試合を見ることができました。今年も変わらないでしょう。 私たちの選手たちは、最高レベルの反対に向かって素晴らしい経験をしました。

READ  フィギュアスケーターネイサンチェン、3連覇世界選手権| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close