技術

レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド「Wheel Stand Pro」を紹介

グランツーリスモSPORT“私“賛成オブジェクト 自動車 三 “PC / Xbox One / PS4)、“中心線tto Corsa ボックスation」PC / PS4 / Xbox One)のようなレースゲームをステアリングコントローラを使用して楽しむ人が増えている。
市販車とレーシングカーの挙動特性をリアルに再現するシミュレーション系レースゲーム、ゲームパッドよりステアリングコントローラを使用することが直感的で正確な車を制御することができ、何よりも没入感が高まる当然のことである。

ステアリングコントローラを使用すると、テーブルや机の上に設置している人もいると思うが、いわゆるマニアの人がされると、実車の運転ポジションに近い環境でプレーできるようにパイプフレームなどに不織布「コックピット」を使用している人もいる。 本格的なコックピットと、自動車レースが装着されているようなバケットシートを装着した大規模なシステムになるが、そうなると使用するたびに洗浄することが困難常設べきことがほとんだ。 したがってコックピットの導入は、設置スペースや金銭的な問題、家族の目など、さまざまな課題をクリアする必要がある。

そんな悩みレースゲームファンの間でコクピットに近いプレイ環境を構築することができ、本格的なコクピットに比べて設置スペースも少なく、使いたいときにインストールできる手軽さを兼ね備えたさらに比較的安価に購入することができる「ステアリングスタンド “の人気が高まっている。会社の様々なステアリングスタンドが発売されているが、今回はクロソリューションを販売する「ホイールスタンドプロ」(ホイールスタンドプロ)を呼んでみたい。

画像集#002サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

Wheel Stand Proはクロワッサンソリューション公式WebサイトまたはAmazon.co.jpで販売している。 次のような会社のステアリングコントローラに合わせたセットを購入することができる。
それぞれのセットは、基盤となるステアリングスタンド本体のほかに、ステアリングコントローラペダル装置を固定するために必要なプレートや団体が運営するシフター(変速レバーユニット)をステアリング横に装着ギアシフタープレートの有無などの違いがあります。
実勢価格はセットごとに異なりますが、1万9200円で、2万2800円(※2020年11月27日現在)ですので、ステアリングスタンドの中でも比較的挑戦しやすい価格とすることができる。また、Wheel Stand Proオプションとしてシフターを使用やすい位置に配置することができ「シフター拡張用RGSキット」(実勢価格1万3500円以下のRGSキット)なども用意されている。

今回Wheel Stand ProとRGSキットセットで試すことができるので、組立方法と準備と整理、そして執筆など気になる部分を見てみましょう。

Wheel Stand Proの本体組み立て完了

ステアリングコントローラをインストールすると、使用可能な

まずWheel Stand Pro製品構成を見ていこう。 今回用意したWheel Stand Proは「T300RS / TX / TMX / T150のほか通常版」(以下、通常版)で構成は、以下の通りである。

  • パイプフレームに組まれたWheel Stand Pro本体(以下、スタンド本体)
  • ステアリングコントローラペダル装置を固定するプレート2種類(ネジ固定用1個、入れ用2個+緩衝材)
  • ステアリングコントローラシフター固定ギアシフタープレート1枚
  • 各種ボルト類
  • 結束バンド2本
  • 工具(六角レンチ(大、小)、スパナ)
  • 日本語と英語の組立説明書

画像集#004サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

また、RGSキットの構成は以下の通りである。

  • RGSキット
  • 各種ボルト
  • ゴム材料
  • 結束バンド1本
  • 日本語の組立説明書(Wheel Stand Proのようなもの)

画像集#006サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

今回用意したステアリングコントローラ「G29ドライビングフォースレーシングホイール」(国内製品名:G29ドライビングフォース次G29)と、別の6段変速レバー「ドライブフォースシフター」(国内製品名:ドライビングフォースシフター)である。

先に述べたように、Wheel Stand Proには、G29対応の「G25 / G27 / G29 / G920専用」がラインナップされているが、一般版にもG29のペダル装置を固定するプレートのようなものが一緒にので、問題なく固定が可能である。しかし、一般的な板には、ギアシフタープレートと一緒にしないので、今回はオプションのRGSキット側にシフターをインストールすることを決めた。

関連記事




Logicool G


PCとPS4は、PS3への対応を求めLogicool Gの新型ステアリングコントローラ「G29」。 第一印象から3ヶ月が経過した今、再評価してみたい。 問題があったドライバソフトウェアは、改善されているかどうか、およびPCとPS4のゲームでの動作は、どのようにされているだろうか。


[2015/10/31 00:00]


ステアリングコントローラのインストールプロセスであるが、ステアリングホイールユニットペダル装置とシフターの接続ケーブルをインストールすることを考慮して、組立説明書の手順に倣って、次の順序で進行した。

  1. ペダルユニットの取り付け
  2. RGSキットとシフター装着
  3. ステアリングホイールユニットの取り付け

また、組立説明書は日本語と英語のものがあり、日本語の説明書は、組み立て工程が示されており分かりやすいが、任意の長さのボルトをどこに使用するかなどの説明がない。 した英語のドキュメントは、プロセスの都市ではないのでわかりにくいものですが、使用するボルトの長さを明記しているので、すべてを比較しながら作業するのがいいだろう。

画像集#008サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド 画像集#009サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

YouTubeの公式組み立て動画を掲載しておくので参考にしてください。


ところがこのメインスタンド本体は太さが異なる丸パイプで構成されており、大きさは400(W)×660(D)×60(H)mmである。パイプの2つの長い銀のフレーム「両方のポール “(厚さ35mm)で、その中央に黒いT字型のフレーム「ホイールポール “(厚さ40mm) “wheel stand pro」の文字が印刷されている太いパイプが「ペダルポール “(厚さ60mm)になっている。ホイールポールはステアリングコントローラステアリング本体を上げての「ホイールプレート」この装着された状態で梱包されていた。

また、スタンド本体の重さは約8kgであり、約12〜15kg程度の他のステアリングスタンドに比べてかなり軽い。 ここで、ステアリングコントローラの重量が加わるため、ステアリングスタンド自体の重さは、可能な限り軽いものの整理などに移動させる場合に重要である。

スタンド本体は組み立てた状態で梱包されているので、ステアリングコントローラをインストールすると、使用することができ
画像集#010サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

続いてステアリングコントローラインストールプロセスを見てみましょう。

●ペダルユニットの取り付け
スタンド本体の両側極にペダルユニットを乗せてスタンド本体底部から両側ポールペダルユニット背面プレートとの間に置いてペダル装置の背面にあるネジ穴を使用してプレートをボルト1本で締結て固定する。 ボルトが少し入ったところでペダルユニット背面プレートとの空間にステアリングコントローラAC電源装置を接続したあと、再びボルトを締めていくと、プレートが押されてAC電源が固定される構造である。

ボルトで締め付けていくと、両側の柱に4つの両側ポールクッションがペダル装置の背面の接触面に合っているか、ペダル装置後端がペダルポールクッションに密着されているか、AC電源アダプタが破損しているかのような程度に強く締めていないかなどを確認しながら、慎重に作業を進めましょう。

G29のペダル装置の背面にある中央のネジ穴を使用してプレートを固定する。ステアリングコントローラAC電源アダプタは、意外に妨害するペダルユニット背面に固定しておくのは便利だ
画像集#011サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

●シフター装着

シフターをギアシフタープレートに設置する場合は、ホイールプレートの指定された位置にギアシフタープレートをボルトで固定したあと、ギアシフタープレートにシフターを装着する。
一方、今回のようにRGSキットを使用している場合には、ホイールポールの端に付いているゴム製のペダルポール滑り止めを除去し、そこにRGSキットを接続します。 さらに、RGSキットにギアシフタープレートにシフターを装着する。
また、ギアシフタープレートとRGSキットの両方のスタンド本体の左側または右側に装着可能である。

RGSキットをインストールする場合は、ホイールポールの端にあるゴム製の滑り止めを緩める。分離が難しいときには、市販の潤滑剤を隙間に入れると簡単に分離
画像集#012サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド 画像集#013サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

また、ギアシフタープレート、RGSキットのどちらの場合も、シフターはギアシフタープレートの後ろでボルト2本で固定するのだが、今回インストールしたDriving Force Shifterの場合は、標準の固定用構造物を除去する必要ががある。
また、RGSキットギアシフタープレートの角度は、ボルトとナットを付属の六角レンチ(大)とスパナを使用して、目的の角度に調節することができる。

ギアシフタープレートの角度調整は、ツールが必要ですが、微妙な角度も調節可能である(※写真はホイールプレート)
画像集#014サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド 画像集#015サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

シフター標準固定器具は、ネジ4本で固定されているので、先の細いプラスドライバーを用意する必要がある
画像集#016サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド 画像集#017サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

RGSキットは、ホイールポールと同じようにQRレバーによって、任意の角度で固定することができ、約50mm程度の範囲で横にスライドできるので、ステアリングホイールからシフター離れたところにすることもできる。
参考までにRGSキットをインストールした場合Wheel Stand Proの幅は、最小約620mmのホイールポールでRGSキットのポールの間は、少なくとも約300mmであった。

RGSキットは、約50mm程度の範囲で横にスライドできる.QRレバーので、固定位置の微調整が可能である
画像集#018のサムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド 画像集#019のサムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

●ハンドル装置の取り付け

続いて、各ケーブルをハンドルデバイスに接続した後、スタンド本体のホイールプレートの後ろに2つのボルトで固定する。 ボルト固定なので、ステアリングホイールユニットの標準固定器具は使用しない。
ギアシフタープレートと同様に、ホイールプレートの角度も六角レンチ(大)とスパナを使用して、目的の角度に調節することができる。

ステアリングコントローラのホイール部2本のボルトでホイールプレートに固定する。各社のステアリングコントローラに合わせてネジ穴が用意されているので、間違っていることはないだろう
画像集#020サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

今スタンド本体にステアリングコントローラのインストール作業は完了した。

以下は、各ケーブルをスタンド本体の柱に結​​束バンドで固定することになるが、ケーブルの長さと処理などもあるので、自分の使いやすいポジションが決定し、ケーブルを固定したほうがいいだろう。 また、付属の結束バンドは、Wheel Stand Proに2個、RGSキット1個と少ないため、別途用意することが、ケーブルをきれいに処理することができると考えている。

ステアリングコントローラのケーブルが多く処理も難しい。使用位置などを決定して固定しよう
画像集#030サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

QRレバーで簡単に整理してインストールすることができていることが大きな魅力

ステアリングスタンドは使用しないときは縮小などでまとめておき、使いたい時にサッと準備して使用することができていることが最大の魅力である。

画像集#023サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

Wheel Stand ProはホイールポールもRGSキットもQRレバーによりワンタッチで倒したり起こしたりすることができるので、整理、および使用する際の準備を簡単にすることができる。 工具を使用してねじを回すなどの作業を感じる工程がないせいか、私はWheel Stand Proの整理と準備が面倒すら感じなかった。

画像集#025のサムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

まとめると、ホイールポールをそのままキャッチステアリングコントローラのホイールを上に向けますので、少しの高さを感じている。 しかし、使用状態で部屋の隅に置いておくよりは圧迫感のない印象だ。

今回はRGSキットを装着しているので、完全なセットの幅は広くなっているが、RGSキットを付けなければなら設置面積は約660×400mm程度であるため、他のステアリングスタンドと比べても占有スペースが少ない。

また、使用しているステアリングコントローラペダル装置に応じて異なりますが、ホイールポールを破ったときに、ペダル装置のペダルとペダルの間にホイールポールが来るように調整できれば、数cm程度であるが高さが抑えている。 また、G29のペダルをアクセルペダルとブレーキペダルとの間にホイールポールが入るようにしたかった、ペダル装置を固定するプレートの長さの関係で使用中に両脇のポールでペダルユニットが脱落しまうことだったのであきらめた。

画像集#024サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

ステアリングコントローラのホイールを180度反対方向(下)にすると若干ですが高さが抑制され、圧迫感は多少緩和されている印象である

画像集#026のサムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

アクセルペダルとブレーキペダルとの間にホイールポールを入れてたかっ無理であった。 2ペダルペダルユニットであれば、できるかもしれない

壁にもたれておけば占有スペースは軽減されるが重量があるので、倒れたときには非常に危険
画像集#027サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

縮小の壁に立てておく方法も試みたが、床に置いておくより占有スペースは少なくて済む。 しかし、Wheel Stand ProとG29の組み合わせで約15kgとかなりの重量なので、もし倒れ際には、床と壁、ステアリングコントローラが損傷するだけでなく、大けがにつながる可能性があるのであって、止めておくほうがいいようだ。

簡単にインストールと収納が可能で、使い勝手も良く、価格性能比に優れたイチ押しのステアリングスタンド

でWheel Stand Proを使用してゲームをプレイした使用感をお届けし仕上げたい。

今回も前のテストしたステアリングスタンド「AP2折りたたみレーシングホイールスタンド」時と同じ椅子を使用している。 この椅子は、ホームセンターなどで入手可能な折り畳み式の椅子で、幅が約400mm程度のコンパクトなタイプです。 座っての場所は、床から300mm程度である。

画像集#028サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

ステアリングスタンドで自分の便利な場所にステアリングホイールとペダルユニット、シフターを配​​置することができるかどうかは、重要な要因となる。 そのような点でWheel Stand Proは、やはりクイックリリースレバーの存在が大きく、椅子に座った状態でも、ステアリングホイールの角度と高さ、腕の距離などをワンタッチで調整することができるので、非常に簡単でした。
ゲームに応じてステアリングの位置を変えたいときなどその都度使用したいポジションまで何度も椅子から降りて調整を繰り返したり、体がつけたような体制でネジを回したりそんな面倒な作業から解放されるといってもいいだろう。

ホイールプレートとギアシフタープレートの高さは、ホイールポールの底からホイールプレートとRGSキットのポールまで約450mmで600mm程度の範囲で高さを調整することができ※写真はホイールポール
画像集#022サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド 画像集#021サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

画像集#029サムネイル/レースゲームを遊ぶときにのみインストールして快適なドライブ環境を提供するステアリングスタンド

今回はグランツーリスモSPORTをじっくり飛び込んみたが、重いステアリングホイールユニットホイールポール1本支える構造の操作中にハンドルが前後左右に揺れてしまうのでは? と思った。 しかし、そのような心配は必要ないほどWheel Stand Proは非常に剛性が高く、重度ステアリング操作と強烈なフォースフィードバック振動でもステアリングホイールとシフト本体は揺れがないので、運転に集中することができた。

1回2時間程度プレイして約2ヶ月程度使用しているが、やはり面倒になりがちな準備と整理が簡単にできるところはポイントが高い。 これまでいくつかのステアリングスタンドをしようとしているが、準備や整理が面倒ゲームパッドで遊んでしまったり、最終的にプレイしていなかったこともあった。 その点、このWheel Stand Proはそのようなことは一度もなく、むしろ積極的に使用している。

だから剛性が高く、使い勝手も良く、また、価格も単独で2万円前後インストールすることができ、費用対効果で、トータルバランスのとれたステアリングスタンドとしてお勧めできる製品だ。
特に初めてステアリングスタンドを導入する人や、現在使用しているステアリングスタンドに不満を感じている人は、レースゲームをした段階での環境で楽しみたい人はぜひ導入を検討して見たい。

READ  PS5 DualSenseコントローラの新しい分解はスティックドリフトが開始されるまで「417時間」があると主張します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close