レースプロファイリングの理由で日本に対して訴訟を提起ワールドニュース

0 min read
東京:3つ 外国生まれの居住者 ~へ 日本 提出した 訴訟 容疑で国と自治体に対して レースプロファイリング 〜中 警察の質問。 原告側弁護士によると、今回の訴訟は日本で初めている訴訟だ。
労働力不足や人口高齢化などで外国人労働者が急増しているだけに、今回の訴訟時期が重要だ。 昨年日本に居住する外国人が300万人に迫り、歴代最高値を記録した。 今回の事件は先週、ウクライナ生まれ帰化市民がミスジャパンに選ばれた後、日本人の正義に対する議論が再び浮かぶ渦中にも登場した。
3人は東京地方裁判所に訴訟を提起し、警察が単に人種、国籍、民族に基づいて個人を拘束し、尋問することが違法であることを国、東京都、愛知県政府に認めるよう求めた。 原告は、彼の容貌と人種を狙った警察の反復的な尋問によって苦しみに耐えてきたと主張するが、これは憲法に違反すると考えられる。
原告の一人であるインド系マシュー氏は、20年以上にわたって日本に永住権を持って居住してきて警察調査を数回受けたと明らかにした。 止まることの絶え間ない恐れのために、彼は外に出ることを嫌がっていました。 彼は「最近まで社会的撤退が何なのか全く知らなかった」といじめ懸念のため性を公開しないことに決めたと話した。 「仕事が終わるたびに家に隠れていると思います」
パキスタンで生まれたが、幼い頃日本に移住し、日本国籍を取得したシエド・ジャイン氏は、今回の訴訟が外国系日本人が増えている社会に肯定的な変化をもたらすことを願っていると述べた。 同様に、自分の姓を公開しないことを決めたアメリカ人モリスの目標は、日本国民の意識を高め、同様の問題に直面している他人の生活を改善することです。
原告は自分たちが耐えてきた「違憲的かつ不法的な」処遇に対して懲罰的損害賠償でそれぞれ300万円(20,000ドル)と弁護士費用でそれぞれ30万円(2,000ドル)を要求している。
(機関の意見に基づいて)

function loadGtagEvents(isGoogleCampaignActive) { if (!isGoogleCampaignActive) { return; } var id = document.getElementById('toi-plus-google-campaign'); if (id) { return; } (function(f, b, e, v, n, t, s) { t = b.createElement(e); t.async = !0; t.defer = !0; t.src = v; t.id = 'toi-plus-google-campaign'; s = b.getElementsByTagName(e)[0]; s.parentNode.insertBefore(t, s); })(f, b, e, 'https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-877820074', n, t, s); };

function loadSurvicateJs(allowedSurvicateSections = []){ const section = window.location.pathname.split('/')[1] const isHomePageAllowed = window.location.pathname === '/' && allowedSurvicateSections.includes('homepage')

if(allowedSurvicateSections.includes(section) || isHomePageAllowed){ (function(w) { var s = document.createElement('script'); s.src="https://survey.survicate.com/workspaces/0be6ae9845d14a7c8ff08a7a00bd9b21/web_surveys.js"; s.async = true; var e = document.getElementsByTagName('script')[0]; e.parentNode.insertBefore(s, e); })(window); }

}

window.TimesApps = window.TimesApps || {}; var TimesApps = window.TimesApps; TimesApps.toiPlusEvents = function(config) { var isConfigAvailable = "toiplus_site_settings" in f && "isFBCampaignActive" in f.toiplus_site_settings && "isGoogleCampaignActive" in f.toiplus_site_settings; var isPrimeUser = window.isPrime; if (isConfigAvailable && !isPrimeUser) { loadGtagEvents(f.toiplus_site_settings.isGoogleCampaignActive); loadFBEvents(f.toiplus_site_settings.isFBCampaignActive); loadSurvicateJs(f.toiplus_site_settings.allowedSurvicateSections); } else { var JarvisUrl="https://jarvis.indiatimes.com/v1/feeds/toi_plus/site_settings/643526e21443833f0c454615?db_env=published"; window.getFromClient(JarvisUrl, function(config){ if (config) { loadGtagEvents(config?.isGoogleCampaignActive); loadFBEvents(config?.isFBCampaignActive); loadSurvicateJs(config?.allowedSurvicateSections); } }) } }; })( window, document, 'script', );

READ  日本株がS&P 500を崩しています。 この5つのファンドを考えてみましょう。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours