世界

ロシア、アゼルバイジャン、アルメニアのが混ぜインターネット世論操作激戦区|一田一樹| コラム

ロシア、アゼルバイジャン、アルメニアのが混ぜインターネット世論操作激戦区である…… REUTERS / Umit Bektas

<아제르바이잔과 아르메니아가 분쟁 상태에 빠져 있지만, 전투의 상황은 여러 언론에 보도되고 있지만, 그 뒤에서 인터넷 여론 조작도 벌어지고있다 ......>

ナゴルノ・カラバフ地域をめぐるアゼルバイジャンとアルメニアのが紛争状態に陥っている。 戦闘の状況は、複数のメディアに報道されているが、その裏でインターネット世論操作も行われている。 もはや政治と戦争は、インターネット世論操作なしと言うことができなくなっているようだ。

アルメニアを圧倒アゼルバイジャンインターネット世論操作

本誌米国版2020年10月9日の記事でアゼルバイジャンとアルメニアの双方でインターネット世論操作の戦闘が続いていることを報告した。 逆にアルメニア、半アゼルバイジャンタグを使用しているアカウントは、ボット(プログラムによって自動的に投稿、リツイートなどを行うアカウント)または制御(手動で拡散しているアカウント)である可能性が高く、「#stoparmenianaggression」を使用し、アカウントは、紛争が勃発した後、作成されたものが多いと指摘している。

Facebookは、アゼルバイジャンでの一連の不正行為をした、Facebookのアカウント589,7,906ページ447のInstagramのアカウントを削除したと発表した。アゼルバイジャン与党の青年組織Youth Union参加して考えられている(2020年10月8日)。 また、ナゴルノ・カラバフ地域周辺でのインターネットサービスの中断やターゲットを絞った検閲行為も確認されている。

また、アゼルバイジャンアルメニアの関係者のフェイスブックページを脱臭、変調し、その結果規約違反ページは、Facebook上で削除されてしまった。 また、アルメニアの政府のウェブサイトを改ざんして戦闘状況などのオ情報が混乱を引き起こそとした。 アルメニアはすぐにウェブサイトを復元し、アゼルバイジャンのサイバー攻撃をした。 アゼルバイジャンはアルメニア政府サイトへのDDoS攻撃も並行して実施した。

アゼルバイジャンとアルメニア応酬の一部はポッドキャスト「Armenian-Azerbaijani Hybrid Warfare」(2020年7月15日)で聞くことができる。

両国はastroturf(草の根で最もインターネット活動)ドーハとお互いを攻撃して、お互いおり、サイバー軍、ハクテレビストトロールなどのサイバースペースで総力戦とも言える状況になっている(DFRLab2020年7月21日)。 DFRLab(デジタルフォレンジック調査研究所)の調査によると、アゼルバイジャンのアカウント数と活動は、アルメニアのを圧倒している。 例えば、2020年7月12日から7月18日の間に観測された親アゼルバイジャンツイートにリプライは100万を超えていたが、親アルメニアのリプライは約3ならなかった。

アゼルバイジャンのインターネット世論操作には、「IRELI Youth」(別名:Youth Union)の関与が疑われ、アゼルバイジャン政府が背後にあると考えられる。 また、特定のハッシュタグを使用した最も活性の500アカウントの438活動の直前に行われた。 残り17は、アカウントが停止されて確認することができないので、確認することができるすべてのアカウントが活動前に作られていたものです。

コロナ関連のインターネット世論操作作戦を展開

紛争が勃発する前、2020年3月にアゼルバイジャンコロナ関連のインターネット世論操作作戦を展開した(DFRLab2020年4月2日)。 3月30日と31日に、いくつかのアルメニアのフェイスブックのグループでアゼルバイジャンとの国境アルメニアの群でコロナが蔓延しているという虚偽の情報を掲載した。

次のページロシアは総合的な影響力を行使

READ  初の女性副大統領に「私が最後ではない」カマラ・ハリス氏の演説専門 :東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close